記事

「“極右”と言われたのが、今は“左翼”と言われる」「支持層のフォロワーになるなら政治家をやる必要はない」“ポスト安倍”を見据える石破茂氏に聞く

1/2

 “安倍4選”も囁かれる中、ANNなどの世論調査で安倍総理や小泉進次郎氏を押しのけ、“ポスト安倍レース”のトップに躍り出たのは、石破茂元幹事長だった。石破氏に批判的な論調の産経新聞の調査でも、僅差ながらトップに立っており、AbemaTV『AbemaPrime』が街で聞いたところ、「悪いイメージはあまりない。考えはしっかりしているのかなというイメージがある」(20代男性)、「やはりベテランだ。なんとなく信念がありそうな感じ」(80代女性)と、やはり名前が上がったのが石破氏だった。


 テレビ朝日政治部長の足立直紀氏は「正論で理想が大きく、時に自民党の政策からも外れるようなことをおっしゃることがある。それがまさに石破さんらしさで、党の議員や支持者がついていけないという時すらある。しかしANNの調査で25%という結果を占めていたように、ポスト安倍と言われている人たちの中で見ると“やはり石破さん、いいんじゃない”ということだろう」と話す。

 番組では石破氏に生出演してもらい、視聴者から寄せられた質問も交え話を聞いた。
 

■「“左翼”と呼ばれる。世の中の座標軸がすごく動いている」


ーー閣僚や党役員ではない今、どのような時間の使い方をしているのか。

石破:今年の後半は、韓国の歴史や文化などを一生懸命勉強している。その国との外交をきちんとやろうと思えば、相手のことをちゃんと知らなければいけない。いかにして韓国と適切な関係を保っていくかというのは日本の外交にとって死活的に重要な問題だ。それは今までもそうだったし、これからもそうだ。それは好き嫌いの問題ではない。朝鮮半島外交を間違うときに、日本は必ず国家を誤る。シンガポールもインドネシアもフィリピンについてもそうだ。こんなことも知らなかった、あんなことも知らなかったということがたくさんある。あるいは、なぜ日本が戦争になったか、なぜやめられなかったか。一通りは知っていたつもりだったが、それも知らないことがいっぱいある。やはり閣僚や党の役員であったりすると24時間365日、そのことに全エネルギーを費やしてしまう。今は、こんなに自分はものを知らなかったんだということに気付かされる、本当にありがたい機会だ。

ーーそんな中、まさに追い風が吹いているのではないだろうか。

石破:期待は低いよりも高い方がいい。ただ、自民党総裁選の投票権があるのは自民党員と自民党の国会議員だけだ。だから国民の支持が厚くても、それは自民党内の支持とは違う。そこは勘違いしないようにしないといけないし、1年のうちでも追い風の時もあれば、向かい風の時もある。

しかし、その追い風が100mだろうが、逆風が100mだろうが、私は言うことを変えてこなかった。特にここ10年くらい、周りはすごく変わっているが、私はほとんど変わっていないと思う。私が防衛庁長官になったのは今から17年前だが、当時は“極右の防衛庁長官”と言われた。それが今は“左翼”だから(笑)。世の中の座標軸がすごく動いているということだと思う。


ーー親しみやすいというイメージについては。

石破:政治家が偉いと思ったことはないからかもしれない。あとは、学校を出てから、たった4年間だけだが、民間の経験をしたのはありがたかった。窓口に出た日に、お釣りを余計に渡して担当をクビになって、あと外回りなどをずっとやっていたが(笑)。

ーー支持している人々は、具体的に何を期待していると思うか。

石破:安倍総理は本当に全身全霊でやっていらっしゃるとは思うが、国民に正面から向き合ってくれよ、というところがあるのではないか。

確かに正面から向き合えばハレーションも起きるし、批判を真正面に受けることもある。だから安倍総理みたいに上手くかわすというのも、ある意味では政治家としての資質かもしれないし、あのスタイルで7年間、最長の政権を維持している。それはすごいことだ。しかし、私はそういうことができない。なりもしないでそんなことを言うのは僭越かもしれないが、私は総理になっても短いかもしれない。だが正面から国民に向き合わないことには、この国は変わらないと思っている。

ーー党内での支持については、

石破:私は選挙応援には、それこそ不眠不休で誰よりも行っていると思う。しかし今の議員さんたちは、選挙応援にはあまり価値を感じないらしく、自分が望む職につけてくれるということの方が大事らしい。その点では、私は内閣や党で権力を持っているわけではないし、“あなたを大臣にしてあげるよ”と言ったって何の説得力もない。そこは難しいのかもしれない。だが、“共に日本を語ろうよ。共に自民党を語ろうよ。共に次の時代を語ろうよ”という人はきっといるはずだ。そういう人たちを一生懸命見つけていかなければいけない。同志たちに言わせると、“もうあの人と話してもしょうがないよね、と言うのが石破さんの一番いけないところだ”とよく批判される。それはその通りだ。
 

■「安倍政権の”緩み”は我々の責任でもある


ーーそんな石破さんについて、安倍総理は決して嫌いではないが、言うことを聞かない存在のように感じているのではないか。

石破氏:政治家だから、それは譲れないものがある。何でも譲っていたら、もう政治家ではない。安倍さんも譲れないものを持っているし、私も譲れないものを持っている。そういうことではないか。政治家同士というのは、一生の大親友である必要はない。価値観が違ったならば、やはりそれは立場を異にしないとおかしい。そうでなければ自分を偽ることになる。安倍さんという人はすごく魅力的な人だと思うし、本自分のためにやってくれる人を、あれほど大事にする人はいない。だが、考え方が違うのであれば、別に大事にしてもらわなくても、政治家の生き方としていいのではないか。

憲法観、日本国憲法第9条についての考え方もかなり違う。安部総理がおっしゃるのは、“自衛隊は憲法違反だといっている学者がいますよ”ということ。学問の自由だから色んな意見があるだろう。でも、“それを紹介している教科書があるのは許せない。自衛官たちあんなに一生懸命にやっているのに、憲法違反と言っている学者がいたり、それを紹介する教科書があったりするのも許せない。だから憲法改正だ”という考え方だ。もちろん自衛官たちは一生懸命やっている。ただ、防衛庁長官や防衛大臣をやった私としては、自衛隊を単に憲法に書き込むだけではなく、最強の実力集団である以上、司法・立法・行政によるきちんとしたコントロールがないとおかしいよね、外の勢力に対して対抗する組織だから、国際法に従ってやらないとおかしいよねと、という立場だ。

ーー長期政権による副作用のようなものが出ているのではないか。

石破:小泉さんの政権も長かった。あるいは先日お亡くなりになった中曽根さんの政権も長かった。私は中曽根さんが総理だった昭和61年に初当選したが、あの政権は最後までピリピリしていた。小泉政権も最後までピリピリしていた。緊張感があった。少なくとも私が知っている中曽根政権や小泉政権では、“緩み”や“驕り”などと言われることはなかった。ただ、それは安倍政権を作った我々の責任でもある。だから“私は関係ないですよ”みたいなことを言うつもりはない。

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  2. 2

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  3. 3

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  4. 4

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  5. 5

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  6. 6

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  7. 7

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  8. 8

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  9. 9

    明石市長がまた暴言 許される謎

    非国民通信

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。