記事

Apple新イヤフォン「AirPods Pro」 魅力的すぎるけど「これができない!」思わぬ欠点とは 購入前に確認しておきたい「あの機能がない!」 - 山口 真弘

1/2

 今秋、突如として発表されたAppleの完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」。従来のAirPodsとは異なるカナル型(密閉型)を採用し、強力なノイズキャンセリングを搭載したこの製品は、実売3万円強と決して安くない価格にも関わらず、今もなお入荷まで1ヶ月待ちという人気が続いています。

【写真】話題の新AirPods 従来型と比べて「進化した」のはどこか?

 オープン型(開放型)のAirPodsがいまいち合わず、長らく他社のカナル型を使っていた筆者も、12月に入ってこの「AirPods Pro」をようやく入手できました。今回は従来のAirPodsや、ほかのカナル型製品との違いを中心に、本製品のよいところ、そうでないところをチェックしていきます。


「AirPods Pro」。従来モデルと異なりカナル型を採用していることが特徴です。右はiPhone 11 Pro Max

耳から脱落しにくい形に改良! 装着時の圧迫感も少なめに

 本製品の外観は従来と同じく、ボディから細長い棒が伸びる、俗に「うどん」などと称される形状を踏襲していますが、そのスティック部は、従来よりかなり短くなっています。このスティック部は再生や一時停止、前の曲や次の曲へ移動するための操作インターフェイスになっており、両サイドからつまんで操作します。

 さて、本製品が従来のAirPodsと最も異なるのは、耳の穴にすっぽりとはまる、カナル型の構造を採用していることです。従来のAirPodsは、耳に引っ掛けるだけのオープン型と呼ばれる構造で、圧迫感こそないものの、耳の形状によっては簡単に落下してしまう欠点がありました。

 これは耳の形状にも依存しているようで、筆者の場合は左耳は問題なく、右耳だけは頻繁に落下するなど、左右で大きな違いがありました。この落下しやすい耳の形状の持ち主は決して少なくないようで、そのせいかAirPodsの評価は、筆者が知る限り完全に二分されていた印象があります。

 しかし本製品は、カナル型の採用で耳にぴったりフィットする構造になっており、立ったり座ったりはもちろん、多少走ったり、またそのままベッドに横になっても、脱落することはありません。他社のカナル型と同等と言ってしまえばそれまでなのですが、従来のAirPodsとはまったく違った装用感です。

 ちなみに他社のカナル型完全ワイヤレスイヤフォンは、一時停止やスキップなどの操作を行う際、内側に向かって押し込むように操作することが多く、耳の奥にイヤーピースが入り込んでいく格好になり、圧迫感を感じることもしばしばでした。しかし本製品は、耳の外に飛び出たスティック部をつまんで操作するため、そうした問題もありません。

あわせて読みたい

「AirPods」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。