記事

カジノ法案は、カネで歪められていた

IR担当副大臣だった秋元衆議院議員が逮捕された件について、今日も政府からヒアリングを行いました。

被疑事実として明らかになってきているのは、秋元氏が副大臣在任に、中国の事業者から金銭を受け取っていたとされている点。さらに秋元氏は同じく在任中に中国の事業者と面会したり、中国の当該企業を訪問していたりしていたことも明らかになってきています。

秋元氏が在任中というのは、まさにカジノ・IRの整備を実施するための「整備法案」が政府内で議論され、閣議決定された時期。そのさなかに、秋元氏はカジノ・IR参入を目論む企業と癒着していたということです。

整備法案の検討過程が、カネで歪められていた可能性が高いと言わざるを得ません。

だからこそ私たち野党は、カジノ・IRの整備をいったん白紙にすべきだと主張しているのです。

法案のどこにどう、歪んだ力が働いたのか。事実関係が明らかになる前に、その法律に基づいて何事もなくカジノの整備が進むということはあってはなりません。


あわせて読みたい

「IR汚職事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。