記事

ラグビー・ウルグアイ代表「暴行騒ぎ」被害店がW杯組織委に激怒

「ベーコンエッグ」のトイレの被害状況

 2019年10月14日未明、ラグビーW杯のウルグアイ代表選手が熊本市内で暴れた。被害店「ベーコンエッグ」の店員は、こう語る。

「消火器を噴射したり、トイレの壁に穴を空けて……。謝罪が欲しいです」

 店の代理人の岸本大樹弁護士が、その後の対応を明かした。

「ウルグアイ側は、まともに対応してくれないので、W杯組織委員会に、数百万円の被害額を立て替えて弁償するよう交渉しています。ですが組織委も、『ウルグアイが認めた被害の金額しか立て替えない』と」

 本誌がW杯組織委員会に確認すると、こう回答があった。

「ご照会のウルグアイ選手の件でございますが、これまで飲食店側からの具体的な請求金額や、その根拠資料の提示をいただけておりません。

 そのため、ウルグアイ側も検討が進んでいなかった状況でございまして、弊組織委員会でも立て替える状況に至っていないという状況でございます」

 食い違う両者の言い分。対戦相手国の選手を称え合うなど、紳士的に終わったW杯だけに、“紳士協定” が望まれる。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  5. 5

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  6. 6

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  8. 8

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。