記事

車掌もマナーモードに

JR東海、東京と大阪間の新幹線で大儲けしている。その儲けを軍資金にしてリニア新幹線を建設している。素晴らしい企業のようだが、内部に問題を抱えているのではないかと思い、僕自身は高い評価をしていない。

そもそも鉄道事業は独占である。JR東海の場合、その独占的地位を経営力で獲得したのではなく、国鉄という国有事業を受け継いで得たにすぎない。現在でも国との関係が強いのは想像に難くない。
民営化の後、民間企業としてちゃんとやっているのかどうか。残念ながら経営者との接点がないので、従業員を見るしかない。それも新幹線での接点である。

何回も書くように、新幹線の車内アナウンスは最低に近い。この多くは従業員である車掌の問題というよりも、経営としての問題である。
海外からの旅行者が多くなったのなら、英語でのアナウンスもきちんと対応しなければならない。にもかかわらず、外人に伝わらないかもしれない現実を無視し、車掌の下手くそな英語に任せている。経営者としては、「英語くらい話せよ」程度の軽い乗りかもしれないが、そんな第二次世界大戦当時の日本軍のような「神が守ってくれる」、「気合だ」、「竹やりでもいいから戦え」では、「リンダ、困っちゃう」。

とはいえ、車掌にも問題がある。先日の出会ったのは、喋りっぱなしの車掌である。品川を出てから新横浜まで、テープでのアナウンスを入れて、ほぼぶっ通しで音声が響いていた。「この列車は臨時です、乗り間違えのないように、ジャパンレールパスでは乗れません、こだま、ひかりを使ってください、次の停車駅は横浜です、車内は禁煙です・・」。

バカたれである。新幹線の車内放送では最近気づかないが、以前は携帯に関してマナーモードにせよと言っていた。新幹線以外の車内では今も普通にマナーモードのお願いをしている。そこで思ったのは、「車掌も必要最低限のことを喋ったのなら、マナーモード、サイレントモードに入れや」と。
こんな車掌の教育もまた、経営者の責任なのだが。それとも経営者、新幹線に乗らずに飛行機で出張しているのか。もしかして、マナーの悪い車内放送を聞いても何も感じていないのかもしれない。とすれば、最低なのだが。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  7. 7

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  8. 8

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  9. 9

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  10. 10

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。