記事

前場の日経平均は小反落、年末年始休暇控え様子見ムード


[東京 27日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円95銭安の2万3921円97銭となり、小幅に反落した。米国株高を好感し続伸スタートしたものの、上値は伸びず2万3900円台前半での一進一退となった。

26日の米国株式市場は、米中の通商関係を巡る楽観的な見方が支援材料となり、主要3指数は最高値を更新。ナスダックは初めて9000台に乗せた。

日経平均は米国株高を好感し続伸スタートしたものの、年末年始の休暇を控えていることもあり、手掛かり材料に乏しく様子見ムードとなった。寄り付き後は前日終値付近での一進一退の展開が続いた。ただ、きょうは配当権利落ち日で配当落ち分は40円前後とされているため、これを考慮すると実質的に小幅高となる。

市場からは「閑散とした商いだが、年末であるため仕方がない。為替も動きに乏しく、年明けにかけての外部環境の変化待ち。きょうはIPOや小型株が物色されている」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXは0.28%高で前場の取引を終了。東証1部の売買代金は6274億3400万円。東証33業種は、ゴム製品、食料品、鉱業などの5業種が値下がり、海運業、電気・ガス業、非鉄金属などの28業種が値上がりした。

個別ではパルコ<8251.T>がストップ高買い気配。J.フロント リテイリング<3086.T>が同社に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると26日に発表し、TOB価格を意識した動きとなっている。J.フロントも5.57%高で前場の取引を終えた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1478銘柄に対し、値下がりが592銘柄、変わらずが79銘柄 だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

  10. 10

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。