記事

“タマネギ男”・曹国氏 復職先のソウル大でも追及続く

玉ねぎの皮はまだまだ剥ける(写真/EPA=時事)

 娘の大学院への不正入学、妻の不透明な投資、さらに自らの年齢詐称や論文盗用──こうした疑惑が剥いても剥いても次々と出てくることから、“タマネギ男”と呼ばれた韓国の曹国(チョ・グク)・前法相。

 日韓関係悪化の中、文在寅大統領の最側近である曹氏の疑惑は、日本でも連日報じられた。結局、就任わずか35日で辞任したが、その後はどうしているのだろう。元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司氏が語る。

「曹氏は2017年の文在寅政権誕生以前、ソウル大学で憲法学を教えており、青瓦台に入ると同時に大学に休職届を出して、研究室を残したまま政治活動を行なっていました。復職願を出して来年度の講義科目を提出したようですが、学生からは冷ややかな声があがっている」

 復職どころか、大学を追われる可能性も囁かれているようだ。韓国在住のジャーナリスト・藤原修平氏が語る。

「ソウル大学は12月に入り、曹氏の修士論文に持ち上がっていた盗用疑惑について、本格的な調査を実施すると発表しました。調査の結果、論文が盗作だと認められれば、教授職を失う可能性もあるでしょう」

 大臣の椅子を放棄しても、“皮剥き”はまだまだ続くようだ。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「曺国(チョ・グク)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  10. 10

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。