記事

ウィーワーク投資で赤字7000億円 孫正義「大勢に異常なし」はバブル崩壊の予兆か - 大西 康之

 ソフトバンクグループ(SBG)は、11月6日に発表した2019年7月~9月決算で、創業以来最悪となる7001億円の最終赤字を計上した。傘下のベンチャー・ファンド、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が投資した米シェアオフィス「ウィーワーク」などの企業価値が大幅に下がったことが原因だ。経営不安説も流れたが、SBGの孫正義社長は記者会見で「大勢に異常なし」と言い切った。

大きな決断をするたびに「今度こそダメ」と

「今回の決算、ボロボロでございます。真っ赤っ赤の大赤字。まさに台風というか大嵐でございます」

 11月6日、東京・箱崎のロイヤルパークホテルで開かれたSBGの決算説明会は孫社長の「反省の弁」から始まった。背後のスクリーンに映し出されたスライドは大時化の海が映し出されていた。しかし約30分のプレゼンの最後に、孫社長は穏やかな海のスライドをバックにこう宣言した。

「大勢に異常なし」


穏やかな海原を背景に「大勢に異常なし」 ©︎大西康之

 孫社長曰く、SVFの投資先はウィーワークなど22社が評価減になったが、一方で評価増の会社が37社あり、差し引きで投資先の評価額は1兆2000億円増えている。2019年8月の時点で20.9兆円だったSBGの株主価値は、SGBの株主価値は11月に時点で22.4兆円に増えている。だから「大勢に異常はない」というのである。

 ADSLのモデムを無料配布して通信事業に参入、日本テレコムを買収、ボーダフォンの日本事業を買収。米携帯大手スプリントの買収。孫社長は大きな決断をするたびに巨額の借金を背負い、その都度「今度こそダメ」と言われてきた。孫社長は11月6日の決算説明会で、そのことに触れ「今までも困難な再生を成功させてきた」と自負をのぞかせた。

「夢よ、再び」の期待

 孫社長のベンチャー投資は、創業期の米ヤフー、中国のアリババ・グループを見出し、何兆円ものキャピタル・ゲインを得た実績がある。SBGが保有するアリババ株の価値は現在、13兆円。「千里眼」の孫社長が率いるSVFには「夢よ、再び」の期待がある。

 だが、出だしで躓いたウィーワーク問題の根は深い。

 テルアビブで生まれのアダム・ニューマンが2010年に立ち上げたウィーワークは、ニューヨークをはじめとする全米、ヨーロッパや日本で、ベンチャーやフリーランスに仕事のスペースを貸し出す「シェアオフィス」で急成長した。2019年の秋に株式上場を予定したが、ニューマン氏の不適切な取引や上場目論見書の不備などが発覚し、今年10月、新規株式公開(IPO)を見送った。これで500億ドル(約5兆円)と推定されていた評価額が80億ドル(約8000億円)に暴落した。

常軌を逸したウィーワークへの入れ込みぶり

 ベンチャー・ファンドが投資に失敗するのは、よくあることである。ベンチャー投資は俗に「千三つ」と言われ、1000件投資して977件失敗でも、3社が上場にこぎつければ、元が取れる。この場合、失敗した出資は諦めて「損切り」するのが常道である。

 ところが今回は、投資ファンドであるSVFの案件だったウィーワークを救済するため、親会社のSBGが1兆円近くの金融パッケージを提供している。SBGはスプリントの再建で腕を振るった副社長のマルセロ・クラウレをウィーワークに送り込み、再建に全面的にコミットする姿勢を見せている。ベンチャー・ファンドが失敗した投資先の再建にいちいち関わっていたので、金も人も足りるはずがない。SBGのウィーワークに対する入れ込みぶりは、明らかに異常である。

 実はウィーワークはただのベンチャー企業ではない。世界的な金融緩和で不安定な状態にある世界の金融を支えるキー・ストーンになのだ。

テック企業ではなく、ウィーワークは不動産会社

 ウィーワークは現在、世界30カ国、100を超える都市で700ヶ所のシェアオフィスを提供している。2018年には米最大の銀行であるJPモルガンチェイスを抜き「マンハッタン最大の店子(オフィステナント)」になった。約890万平方フィートのオフィススペースを保有し、100以上のシェアオフィスを運営している。マイクロソフトの営業部門の30%はウィーワークのスペースを使っており、アマゾン・ドット・コムはマンハッタン・ヘラルド・スクエアにあるシェアオフィスを丸借りしている。

 マイクロソフトやアマゾンがウィーワークのヘビーユーザーになっているのは、先端のサービスやコミュニティが欲しいからではない。ただ単に賃料が安く、固定費を抑制できるから。

 つまるところ、ウィーワークはテック企業でもなんでもなく、ただの不動産会社だが、米国の金融市場にとっては、極めて重要な役割を果たしている。金融関係者が証言する。

「今、ニューヨークのオフィス賃料を高止まりさせているのは、ウィーワークです。世界の主要都市でウィーワークがオフィススペースを借りまくっているせいで、商業用地のキャップレート(還元利回り)が上がり、不動産相場を支えている」

支える役回りのSBGには凄まじい負荷が……

 この数年、各国の金融緩和でジャブジャブの投資マネーは不動産投資信託(REIT)に流れ込んでいる。日本でも東証REIT指数は年初から25%強上げており、「みんなが買っている一方的な状況に、非常に危うい」(金融関係者)になっている。

 ウィーワークが潰れて、借り上げてきた大量のオフィスを吐き出せば、不動産バブルの堤防が決壊し、世界中が水浸しになる。次の世界的なバブル崩壊局面ではこの会社が、リーマン・ショックの時のリーマン・ブラザースになるかもしれないのだ。

 ウィーワークは簡単には潰せないが、それを支える役回りになったSBGには凄まじい負荷がかかる。

 孫社長の「大勢に異常なし!」は、のちに「令和のバブル崩壊」を予兆する言葉として歴史に刻まれるかもしれない。

(大西 康之)

あわせて読みたい

「孫正義」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。