記事

配車アプリで呼んだタクシーに別の客が乗車→請求は自分の元に 運営会社の対応は?

タクシー配車アプリ「DiDi」を使って呼んだタクシーに別の客が乗車した上、アプリに登録したクレジットカードから利用料が引き落とされたとする利用客の憤りの声がTwitterに投稿された。

スピーディに乗車でき、決済もアプリ内で可能であるなど利便性の高さから利用者が増えつつある配車アプリだが、「どうしてもミスは起こってしまう」と運営会社。乗車時のミスマッチングに乗客はどう対応すべきか、運営会社はどのように改善していくのか聞いた。

DiDi運営会社「ミスは起こりうる。配車ミスがあった場合はカスタマーセンターに連絡を」

Getty Images ※写真はイメージ

DiDiは人工知能を活用することで素早いタクシーの配車を実現するサービス。スマートフォンに目的地を入力することで、素早くタクシーを呼ぶことができ、クレジットカードなどを登録することでアプリ内決済が可能だ。

しかし、今回の投稿者によると、アプリを使用して呼んだタクシーが別の客を乗せて移動。アプリに登録していたクレジットカードから利用料金が引き落とされてしまったという。

アプリを展開するDiDiモビリティジャパンの広報担当者は「ドライバーに乗客の名前と、アプリに入力された行き先と実際のオーダーに齟齬がないか確認するようトレーニングしてきた」とするが「ミスは起こってしまう」と話す。

実際、今回Twitterに投稿した人物も「名前を聞かれて『はい』と答え、『やっぱり◯◯に行きたい』と言えば誰でも乗ることができる」と指摘している。

Getty Images

同社は「呼んだタクシーが来ない、別の人が乗ってしまった場合などの場合はすぐにカスタマーセンターに電話をしてほしい。請求が生じた場合はすべて返却します」とし、「今回のことを教訓にして、同じような事態を引き起こさないよう、ミスを防ぐ新しいシステムを来年導入できるよう開発を進めている」とコメントした。

国内最大手JapanTaxi「乗せ間違い防止のために画面開発を行っている」

別の配車アプリではどうか。タクシー配車アプリ国内最大手のJapanTaxiの広報担当者も「対策を行なった上でも、乗せ間違いのミスは稀に起こってしまう」と話す。

同社でも乗車時に必ず本人確認を行うように加盟タクシー会社に依頼している。DiDi同様に乗せ間違いが発生した場合はカスタマーサポートに問い合わせをすれば、タクシー会社へ確認の上、支払い取り消しなどの対応を行なっている。

現在、JapanTaxiは乗せ間違いのミスを防ぐために、アプリ注文画面の最上部に名前、もしくは待ち合わせ番号を表示させるなど、スムーズな乗車ができるような画面の開発を行っているという。

あわせて読みたい

「DiDi」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。