記事

スカーレットにおける人生会議の見本 常治が導いた家族 死が日常だった時代と現在

火曜日と水曜日のスカーレット。泣けました。巷では常治ロスが拡がっています。

喜美子夫婦の喧嘩に対して言った言葉『しょうもな』。自分の命が長くない時に、くだらないことで喧嘩をして無駄な時を過ごす二人を捨て台詞で反省させるあの行為。なんか切な差と同時に拍手してました。

そして家で常治を看ようと言った家族。今後一緒の時間、会話が共有されます。

そして本日の言葉『なかようせーよ』『ほなまたな』。残された家族に対する最高の言葉です。まさに人生会議の結果です。

当時家での死は日常でした。だからこそ自然と人生会議はおこなわれていたのですが、病院での死が日常となり、死が別世界のものとなったため、あのポスターが炎上してしまったのです。市川さんの素敵な解説です。



昔テレビは人生を教えてくれました。たまたまでしょうが、今回のこの番組が死という事象を前面に出し、人生会議という物を結果的に示してくれたことに拍手したいと思います。

あわせて読みたい

「連続テレビ小説」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。