記事

2020年、世界はどうなる? 日本はどうなる?

2019年が終わろうとしている。

今年、日本にとって、いちばん大きな出来事といえば、やはり「令和」という新しい時代を迎えたことだろう。

今回のお代替わりでは、天皇が譲位され「上皇」になるという、新たな形を取られた。新時代の皇室のあり方について、考える時期がきていることは明らかだ。「男系男子」を守るのか。それとも「女性宮家」を設立するのがよいか。いま、本気で議論を始めるべきだ。皇室について語ることをタブーにしてはいけない、と僕は考える。

世界に目を向けても、難しい問題が山積している。まずはアメリカだ。「自国第一主義」を掲げるトランプ大統領の弾劾が、下院で可決した。だが、上院では否決されている。今後、いったいどうなるのか。

一方、韓国とは、関係改善の目途がまったくたっていない。そもそも経済的に厳しい韓国の文政権を、日本がさらに追い詰めてしまったことが問題だと僕は思っている。

そのほか北朝鮮問題、CO2の排出など、日本は早急に考えなければいけない問題が山積みだ。

たいへんな話ばかりしてしまったが、よい話もある。がん検診や治療の進歩には、目を見張るものがある。人間の進歩欲というのか、イノベーションのすばらしさを僕は実感している。

しかし人生100年、いや120年時代になったとき、人間はどう「生きがい」を持つのか。そんなことを考えながら、今年は宗教についても取材を進めた年でもあった。また、AIの著しい進化にも、驚かされた年でもあった。

こうした素晴らしい技術が、人間の幸せにつながるよう、すべての人たちが考えていかねばならない時代だ。そのためにも僕は、来年もまた多くの人に会い、さまざまなテーマで取材をして、情報を発信していく所存だ。
今年は、ほんとうに災害が多い一年でもあった。2020年こそは、平和な年になってほしい。

みなさま、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  3. 3

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  4. 4

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  5. 5

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  7. 7

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  8. 8

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。