記事

2020年、世界はどうなる? 日本はどうなる?

2019年が終わろうとしている。

今年、日本にとって、いちばん大きな出来事といえば、やはり「令和」という新しい時代を迎えたことだろう。

今回のお代替わりでは、天皇が譲位され「上皇」になるという、新たな形を取られた。新時代の皇室のあり方について、考える時期がきていることは明らかだ。「男系男子」を守るのか。それとも「女性宮家」を設立するのがよいか。いま、本気で議論を始めるべきだ。皇室について語ることをタブーにしてはいけない、と僕は考える。

世界に目を向けても、難しい問題が山積している。まずはアメリカだ。「自国第一主義」を掲げるトランプ大統領の弾劾が、下院で可決した。だが、上院では否決されている。今後、いったいどうなるのか。

一方、韓国とは、関係改善の目途がまったくたっていない。そもそも経済的に厳しい韓国の文政権を、日本がさらに追い詰めてしまったことが問題だと僕は思っている。

そのほか北朝鮮問題、CO2の排出など、日本は早急に考えなければいけない問題が山積みだ。

たいへんな話ばかりしてしまったが、よい話もある。がん検診や治療の進歩には、目を見張るものがある。人間の進歩欲というのか、イノベーションのすばらしさを僕は実感している。

しかし人生100年、いや120年時代になったとき、人間はどう「生きがい」を持つのか。そんなことを考えながら、今年は宗教についても取材を進めた年でもあった。また、AIの著しい進化にも、驚かされた年でもあった。

こうした素晴らしい技術が、人間の幸せにつながるよう、すべての人たちが考えていかねばならない時代だ。そのためにも僕は、来年もまた多くの人に会い、さまざまなテーマで取材をして、情報を発信していく所存だ。
今年は、ほんとうに災害が多い一年でもあった。2020年こそは、平和な年になってほしい。

みなさま、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  3. 3

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  5. 5

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  6. 6

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  8. 8

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  9. 9

    感染拡大 政府に翻弄される沖縄

    神里純平

  10. 10

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。