記事

北朝鮮・党幹部妻「16歳少女」襲撃事件のドロドロの背景

北朝鮮の結婚法は「国は青年たちが祖国と人民のために、社会と集団のために、熱心に働き、結婚する社会的気風を奨励する」(第9条)と定め、個人間の結合より、革命達成のための組織としての夫婦、家族という意味合いに重きを置いている。

また、「公民は家庭を仲睦まじく明朗にしなければならない」(第15条)と、夫婦仲が良いことを義務として明記している。

しかし浮華事件、つまり不倫に関する事件は各地で起きていて、悲しい結末を招くこともある。

そんな中、嫉妬に狂った妻が、女子中学生を夫の不倫相手と思い込み、暴行を振るう事件が起きた。両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた事件の概要は次のようなものだ。

(参考記事:北朝鮮で「サウナ不倫」が流行、格差社会が浮き彫りに

三池淵(サムジヨン)郡の協同農場の朝鮮労働党の初級党(地域委員会)の副秘書は、ある一家の面倒を見ていた。一家は極貧に喘いでおり、副秘書は地域のトップにあたる党秘書とともに、食べ物を支援するなど、親身になって世話を焼いていた。

(参考記事:30代男性にガソリンをかぶらせた北朝鮮の「貧困と絶望」

そんな一家の16歳になる中学生の娘がある日、妊娠した事実がわかった。相手など詳しいことについて情報筋は言及していないが、それを知った副秘書の40代の妻は「夫と関係を持ったに違いない」と思い込んだ。

そして、家に押しかけて女子中学生に暴行を加え、入院するほどの大怪我をさせてしまったというものだ。裁判でこの女性に下された判決は、教化刑(懲役刑)2年。副秘書の妻ともなれば、コネとカネを使ってあっという間に出所できそうなものだが、どうも今回は様子が違う。

(参考記事:北朝鮮の刑務所「教化所」の実態

副秘書は、妻が教化所(刑務所)送りになったことを悲しんでいると思いきや、捜査に積極的に協力したというのだ。

この夫婦の間には子どもが2人いるが、妻は疑い深い性格で、常に夫が何かしでかしていないかを疑い、喧嘩が絶えなかったという。つまり、事件をきっかけに「厄介払い」を決意したということのようだ。

(参考記事:妻に優しくなった北朝鮮の夫たち…亭主関白の末路は「餓死の恐怖」

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  5. 5

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  6. 6

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  8. 8

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。