記事

今年の米年末商戦、ネット販売が特に好調=マスターカード


[25日 ロイター] - クレジットカード大手マスターカードが発表したデータによると、今年の米年末商戦はネットで買い物する人が増え、オンラインの売上高が特に好調だった。

マスターカードの利用・決済状況をまとめた調査「スペンディングパルス」によると、11月1日から12月24日までの小売売上高(自動車除く)は、前年同期比3.4%増加した。

オンラインの売上高は前年同期比18.8%と大幅に増加し、全体に占める割合も14.6%と、過去最高を記録した。

世界経済の先行き不透明感が続き、通商摩擦を受け企業の設備投資は落ち込んでいるが、雇用の増加や賃金上昇が個人消費を後押ししている。

衣料品はオンライン販売が17%増加し、予想以上に堅調だった。

年末商戦は年間の米小売売上高の40%近くを占め、小売業界にとり重要な時期。ただ、今年は感謝祭の時期が11月28日に後ずれしたため、年末商戦時期は例年よりも短い。そのため「小売各社は、実店舗や通販サイトなどあらゆる流通ルートを使い、早い時期からセールを打ち出している」とマスターカードは説明している。

全米小売業協会(NRF)は、今年の11─12月の小売売上高の伸びは3.8─4.2%と、過去5年の平均(3.7%)を上回ると予想している。

トランプ米大統領はツイッターに「2019年の米国の年末商戦の小売売上高は前年比3.4%増え、米国史上で最高の数字だった。おめでとう、アメリカ!」と投稿した。

ただ、マスターカードの広報担当者は2018年の総売上高の5.1%という伸び率を挙げて、今年の年末商戦の売上高の伸びは過去最高ではないと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  2. 2

    石破茂氏「核兵器の保有も白地的に議論される韓国の動向に日本は関心を持つべき」

    石破茂

    11月27日 16:18

  3. 3

    現役世代への負担増、コストの高いクーポンばらまき…岸田内閣の経済対策は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月27日 10:41

  4. 4

    年収1000万円以上の世帯が4割超 東京23区の“超高収入エリア”は

    NEWSポストセブン

    11月27日 16:34

  5. 5

    ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

    PRESIDENT Online

    11月27日 11:53

  6. 6

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

  7. 7

    「イヤなことを連続でさせると無気力になる」。子どもの熱量を冷まさないで。(野田クリスタル)

    ベネッセ 教育情報サイト

    11月27日 15:23

  8. 8

    オミクロン株の国内流入を水際で防げたら、岸田内閣はさすが、と言えるのだが・・

    早川忠孝

    11月27日 14:23

  9. 9

    南アの保健相「規範に反している」と批判 世界各国による渡航制限の決定受けて

    ABEMA TIMES

    11月27日 17:57

  10. 10

    実質GDPがコロナ前の水準に戻っても経済正常化とは言えない理由 - 斎藤 太郎

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。