記事

ピエール瀧、隣人夫婦と「ごめんなさい」夕食会

「挨拶もするし、ご家族もいらっしゃるし、もう普通の生活に戻られていますよ」

 2019年3月に、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕。6月に懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が下った、ピエール瀧。都内にある自宅の隣人夫婦は、冒頭のように話し、瀧を擁護する。

 4月に保釈されて以降、公の場に姿を見せなくなった瀧だが、ご近所づき合いは続いていた。

「保釈後は、『本当にご迷惑をおかけしました』と謝りに来られましたよ。確かに逮捕時はびっくりしましたが、『いろいろストレスが重なっていたんだろう』と思いました。

 以前から、家族ぐるみでつき合っていますよ。最近も、うちにご飯を食べに来たんですよ。それ以上は言いませんけど」(瀧の隣人夫婦)

 瀧が経営していた「静岡おでん」の店は逮捕後に閉店。「今後は音楽活動に専念する」と明らかにしていたが、電気グルーヴの石野卓球(51)のツイッターには、たびたび登場している。

 そんな瀧は11月、自身が率いる草野球チーム「ピエール学園」の試合に出場、元気な姿を見せていた。

「もうすぐ復帰してもいいんじゃないかしら」(同前)

 そんな声に支えられているようだ。

写真提供・『女性自身』

(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。