記事

「広場」が都市を変える?イベントで賑わう街・ 渋谷で始まる新たな試み

1/4
カウントダウンやハロウィンなど、大きなイベントがあるたびに多数の人々が押しかけ、盛り上がりを見せる街・渋谷。最近は大型の商業施設のオープンが話題になっていますが、その一方で歩行者優先の街作りをおこなうための実験もおこなわれています。都市に関する著作を持つことで知られる、コラムニストの速水健朗さんがその取り組みを取材しました。

■国民祭典と渋谷ハロウィーン、2つの”にわか”のための空間

去る(2019年)11月9日、「国民祭典」にて、3万人の前で嵐が奉祝の歌を披露した。場所は、皇居前広場である。一週間と少し前に懸案だったハロウィーンの日があった。その舞台は渋谷駅前のスクランブル交差点。少数の逮捕者が出たとは言え、2018年のような大きな騒動にはならなかった。年々、暴動寸前、犯罪の横行といったネガティブな方向での話題を振りまいてきた渋谷ハロウィーンも峠を越えたという見方もできそうだ。

国民祭典に渋谷ハロウィーン。2019年の10月末から11月上旬にかけて多くの人々が都心のスペースを埋め尽くす”祭典”が相次いだ。集まる人の性質がどういうものであれ、2020年の東京オリンピックのリハーサルだったと捉えることができる。大勢の人出に備えたテロ対策など警備のシミュレーションという意味ではない。都市空間に人々があふれるイメージ、一時的に広場化するイメージを、都市住民たちが身をもって体験できたことの意味が大きい。

皇居前広場で開かれた「国民祭典」で奉祝の歌を披露する嵐 AP

皇居前広場は、ふつうの”広場”ではない。ここに普段、人が集まることはない。『皇居前広場』なる本を書いた原武史によると「まるで誰もいないことがはじめから予定されていたかのような静けさが、常に広がっている」のが”皇居前広場”だという。戦後すぐ、ここは集会やデモの場所だった。だが、いつしか人のいない場所になった。ほぼ10年おきに特別な催しが開かれるときだけ”にわか”に広場となり、3万からの人が集まるのである。

今回、気になったのは、広場に大型ビジョンがあったことである。イベントでは、その場に来た人々が、その場での連帯や興奮を共有する。だが昨今は、同時にそれをビジョンで視聴するということが、当たり前になっている(2009年の即位20年の祭典でもビジョンはすでにあった)。パブリックビューイング。W杯やオリンピックなどの大規模なスポーツの大会では、スタジアム周辺や街中に巨大ビジョンを設置するのが定着した。イベントに参加しながら、同時にビジョンを通しての視聴者にもなる。これは「テレビ受像機が家庭に普及する過程で失われた集団視聴という現象を、擬似的に再生している」(飯田豊・立石祥子『現代メディア・イベント論』)ものでもある。

つまり、かつてスポーツイベントは、スタジアムの内側、またはそれを中継する家庭のテレビの前で盛り上がるものでしかなかった。しかし、いまは集団視聴という体験が加えられた(厳密には復活した)のだ。パブリックビューイングが今のようなものとして定着するきっかけは、2002年(日韓)、2006年(ドイツ)のサッカーW杯と言われる。2002年は、屋内でのパブリックビューイング開催がメインだったが、ドイツはドイツ中の街中でそれが行われた。「サッカーそのものに興味を持たない人々を巻き込んだ一大ムーブメント」(立石)としてこれが仕掛けられ、街の広場などに大型ビジョンが設置された。これは、2002年の東京が体験したものとは規模が違うし、その後、世界中の都市にこの手法は、広まった。スタジアムや家庭の中に留まっていたイベントの連帯や興奮が、その外側に広がる公共空間(都市、または広場)にはみ出していったのである。

スポーツイベントを街全体で楽しむことが可能になったのは、まだ最近のことだ。この10年でもっとも大きな都市のイノベーションは、この大型ビジョンがもたらしたものと言えるだろう。

ドイツ・ブランデンブルグ門前で開かれた2006年サッカーW杯決勝のパブリックビューイング。大規模化の契機となった Getty Images

あわせて読みたい

「都市計画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  7. 7

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。