記事

社会の「絶対的断絶」に泣けてくる~NPO代表や離婚弁護士や

1/2

■ 小さな我が子とともに微笑む

某有名NPO代表が小さな我が子とともに微笑む写真がある。その写真を中心として、「貧困支援」の意味についてその代表はエッセイを綴る。

自分の子どもは幸いにも、(自分たちという)両親が揃い2人とも働いており(ということはそこそこの収入もあり)住居も確保できている。

それに比べて、現代の貧困世帯の子どもには、これらが揃っていないことも珍しくない。だからこそ、子どもたちを支援しなければいけない。

その代表が言う「支援」の中身は、当欄でも僕が指摘した、袋菓子やレトルト食品だったりする(「ジャンク支援」~貧困層の主食のお菓子を「宅食」する意味)。それらは僕が書いたように、貧困世帯とは親和性がある。そうした袋菓子を子どもたちは日常的に食べ、カップ麺やレトルト食品を日々食べている。

貧困のリアルな食生活とはそんなものだ。

そうした袋菓子やレトルト食品が箱一杯に詰まった「食糧提供支援」を、収入も家もそれなりに揃うその代表の団体が行なう。代表は、赤ちゃんの我が子を抱きしめ、日本の貧困問題について怒り、問題提起する。

■ 当事者たちは、「違う」と明言しないままひっそりとその場を退場する

その代表の行ない自体、なんら悪くない。日本のソーシャルセクターをここ15年引っ張ってきた自負もあるだろうし、それだけの実績ももつ。

けれども、我が子を抱きしめた写真を顔出しで公開し、我が子は満たされているが満たされていない子どもたちがたくさんがおり、自分はそれら満たされていない子どもたちのために支援をしたいと意思表明するその文章や顔写真自体に拒否反応を示す人々がいる。

なんとなく「違うだろ?」と人々は拒否するのだ。そしてその中でも、「当事者」と呼ぶしかない貧困世帯当事者たちは、違うと明言しないままひっそりとその場を退場していく。

またたとえば、「連れ去り離婚」を手助けするいわゆる「離婚弁護士」のなかには、自分の子どもが習い事などに通う写真を意気揚々とSNSに掲げる人がいる。

そんな写真を見て、我が子を連れ去られた「別居親」たちは、複雑な感情を抱く。

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。