記事

児童ポルノが小児性愛の“トリガー”に?表現規制をめぐり江川達也氏、夏野剛氏らが議論

1/2

 16日のAbemaTV『AbemaPrime』が取り上げた「小児性愛障害」の番組内容について、様々な意見が寄せられた。

 一つには、強制わいせつ未遂事件で懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受けた当事者の加藤孝さんが実名・顔出しで出演したことだ。事件から19年、加藤さんは病院や自助グループで再発防止プログラムに取り組み続け、子どもへの性的加害行為は行ってはいないが、衝動が無くなったわけではなく、今も苦しんでいるということなどを語った。


 番組では子どもたちへの性被害をなくすためには加害者の心情や動機などを解明する事が必要と考え、フラッシュバックを含めた二次被害に関しては、予めアナウンスをすることで配慮に努めた。加えて加藤さん本人が同じ思いから顔出し・実名で出演することをご希望したこと、さらに小児性愛者の治療に取り組む精神保健福祉士であり社会福祉士の斉藤章佳氏にも同席してもらい、加藤さんの心理面にも配慮した。

 この企画について視聴者からは、「加害者が生出演して語った勇気は否定するべきものではない」「絶対ダメだが、あの人(加藤氏)も辛いというのは感じた」という意見があったものの、「我慢ができず性犯罪をしてしまうのなら去勢等の手段を取る必要もあるのではないか」「語ることで、また人が傷つくことは考えないのか」といった指摘もあった。

また、番組を視聴していないと思われる人物による「女児10人レイプしたおじさんが実名顔出しでAbemaTVに出演“自分がレイプした被害者に会いたい”」というツイートは1.9万回もリツイートもされた。その後、指摘を受けたアカウントが謝罪、削除したものの、番組を視聴しないまま拡散した人も多かったようだ。

 それでも加藤さんは「ネガティブな反応が予想以上に多かったが、同じ悩みを持つ人の共感や関心の声などもあったことは良かった」とし、顔出し・実名での出演については「問題解決の一歩になったと思うので後悔していない」と話している。


 また、スタジオで議論になったのは、アニメや漫画などの作品が犯罪のトリガーになってしまう、という問題だった。加藤さんは「児童ポルノによってすごく刺激を受けたし、アイデンティファイされた。妄想が強化され、自己正当化につながったのは間違いない」と証言している。

 23日の『AbemaPrime』では、性犯罪を惹起する可能性のあるポルノの問題に焦点を当てて議論した。

 アニメ、漫画、ゲームソフトなど実在しない子どもを対象としたフィクション作品は国際的に「準児童ポルノ」と位置づけられており、イギリスや韓国では規制が行われている。一方、日本では「写真や映像」については児童ポルノ禁止法で規制の対象となっているものの、準児童ポルノは規制の対象外だ。

あわせて読みたい

「児童ポルノ禁止法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  3. 3

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  8. 8

    「ドラゴン桜2」延期報道のワケ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  10. 10

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。