記事

事実から目を背ける極左と極右

玉川徹が今日もまた日韓関係について、「ドイツの謝罪に見習え論」を繰り返していた。
嘘も百篇言えば通ると思っているのだろう。

ドイツはユダヤ人虐殺についてしか謝罪していない。
他国に侵略戦争をした事実については謝罪もしないし、賠償もしていない。
だから今頃、ポーランドは謝罪を求めているのだ。

公共の電波で嘘を繰り返す罪に関して、玉川徹は絶対、謝罪しない。
自分の間違いに関しては絶対、謝罪しない人間が、なぜ日本国は韓国に謝罪し続けるべきと主張できるのか?

玉川徹の異様な居直りは、山口敬之や花田紀凱や小川榮太郎らの居直りとそっくりだ。
明々白々の事実から絶対に目を背け、耳を塞ぐ姿がそっくりじゃないか。
わしは極左にも極右にも、嘘を言うたびに指摘し続けるしかない。
保守は本当に疲れる。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  10. 10

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。