記事

NBAという夢の舞台で奮闘する八村塁選手に2019年最大の「あっぱれ!」

1/2
 NBA・ワシントン・ウィザーズの八村塁のことを最近「すごい!」という報道が増えてきましたが、それに対して「あのな、報道陣のお前らさ、お前らが表現するレベルよりももっとすごいんだぞ」と私の知り合いのA氏がSNSで書いていました。報道陣は「分かってるけど、一般国民の目線に合わせているんだよ!」と言いたくなることでしょうが、NBAに詳しい人からすると「ちーがーうだーろー!」と豊田真由子氏のように言いたくなるようです。

次元が違う八村塁選手の凄さ

AP

 さて、2019年もまもなく終わりますが、今年もっとも「あっぱれ!」を入れたいのは八村選手です。まずはA氏が書いたことを紹介します。
皆さん、八村選手のニュースが連日さらっと流れてると思いますが、本当に凄い事で… 凄すぎてよくわからないっていうw

 そのうえで、八村がレブロン・ジェームズやカワイ・レナードと対峙したことに言及し、そんな怪物のような選手たちと渡り合っていることを紹介。レナードについては「年々進化してジョーダンと比べられはじめてます」と表現し、こう締めました。
八村選手に関しては「負けた」「一桁得点」「ダンク決めた」とかどうでもいいニュースが多いけど、もうそんなもんじゃないすw マジにリーグ代表する選手になりそうですよ

 まさにA氏が言う通りなんですよ。私自身、NBAのすごさというものはよく分かっております。というのも、1987年10月から1992年7月までアメリカに住んでいて、地元のシカゴ・ブルズを応援していましたが、ヘタすりゃ1日に3~4試合観ることなんかもあったほど。

 とにかく数字を覚えるのが昔から大好きだったため、「Stats」という選手の成績を毎日のように見ては至福の時間を過ごしました。だから、殿堂入りした当時の選手と現在の選手を比較し、どれだけすごいかが分かります。

 A氏はマイケル・ジョーダンについても言及しておりますが、ジョーダンのいた頃のNBA全体よりも今の方がレベルは上がっているかもしれませんが、あの時代の超優秀選手は今でも通用すると思います。日本のプロ野球の1960年代と現在を比較し、「あの頃の打者はすごかった」とやるのはあまり意味がないかもしれませんが、NBAに関してはその比較は意味があると思います。

 相変わらず「ジョーダンの再来」「ジョーダンを超えられるか」といった議論があるだけに、やっぱりジョーダンはすごかったし、選手の実力を測るうえで、その時代の別の選手も参考になることでしょう。

さて、NBAのすごさですが、競技人口の多さの割に世界最高峰のNBAに入れる人数の少なさがまずは挙げられます。30チームあるMLBは「1軍の40人ロースター」があり、ベンチ入りは25人。32チームあるNFLは53人中45人が試合に出られます。一方、NBAは30チームで、1チームあたり13人です。

AP

 八村はその世界から選ばれし13人に含まれるだけでなく、大学を中退して入ったにもかかわらず開幕戦から25試合連続で先発出場を続けました。12月2日の強豪ロサンゼルス・クリッパーズ戦では30得点9リバウンド、3アシスト、1スチールを挙げました。10日のホーネッツ戦では、18得点、12リバウンドの「ダブルダブル」も達成。12月13日現在のシーズン成績を並べてみましょうか。

得点:14.4
リバウンド:6.0
アシスト1.7
スチール:0.8
ブロック:0.1
FG%:48.1%
FT%:86.3%

 八村は身長6-8ft(203cm)、230lb(104kg)で、ポジションとしてはSF(スモールフォワード)です。やろうと思えばPF(パワーフォワード)もできるかとは思いますが、相手が6-10、245といった場合はけっこうディフェンスで力負けするかもしれません。あくまでも「華麗に点を取り、リバウンドもそこそこ取れ、攻撃の起点にもなれるオールラウンダー」タイプです。

 上記の数字だけ見ると普通のチームや弱小チームであれば「チームで3~4番手の欠かせない戦力」的です。強豪チームであれば、「6th man」(No.1控え選手)候補になり得ます。この数字を毎年コンスタントに挙げられるのであれば、15年ほどはどこのチームからもオファーはあることでしょう。ただし、これはあくまでも「1年目」の数字です。気は早いですが、果たして八村が今後ピークの年はどこまで行くか、予想してみます。

 あ、この数字を日本のプロ野球の打者にあてはめたらこんな感じです。ポジションはショートで、走攻守揃った中距離打者、といったところでしょうか。全143試合中130試合に出場し、先発は120試合、完全にチームの大黒柱というわけではないけど、6番か7番は十分任せられる。

458打数129安打 打率.281 14本塁打 58打点 12盗塁

 1年目にしては十分な活躍で、今年の新人王レースでは2位か3位で、将来的にはチームの主軸として1番打者か5番打者を任せられる――。そんなタイプの数字です。1年目の年俸は1500万円でシーズンオフの契約更改では3000~4000万円ぐらいは狙えるかな、ウヒヒ、みたいな感じです。

殿堂入りプレイヤー Scottie Pippenとの比較

 八村がどのくらいのレベルの選手となるか、その際の基準となるかな、と私が思うのが、シカゴ・ブルズなどで活躍し、殿堂入りしているScottie Pippenです。日本では「スコッティ・ピッペン」と表記しますが、なんとなく「スカーリー・ピペン」の方が近い気がするので彼についてはアルファベット表記とします。

Scottie Pippen/Getty Images

 後にジョーダンに次ぐエースとしてブルズの6度の優勝に大貢献するPippenは、オールラウンダーとして知られていますが、卓越したディフェンス力でも知られます。1991年、デビュー4年目にブルズの初優勝を経験し、この年はAll Defensive 2nd Teamに選出されました。同賞は、5つのポジションでディフェンス力に優れた5人を選ぶ賞で、「1st Team」と「2nd Team」があります。つまり、そのポジションにおいてリーグNo.1とNo.2のディフェンス力を誇る選手を称える賞です。

Pippenは1992年から1999年まで8年連続1st Teamに選ばれ、2000年、34歳の時に2nd Teamに選ばれました。引退は2004年。1992年の「ドリームチーム」と呼ばれたバルセロナ五輪の米国代表にも選ばれました。他に選ばれたのがマイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、ラリー・バードの当時の「BIG3」らがいただけに、その実力のほどが分かることでしょう。

 結果的にPippenは総合力に加え、ディフェンス力も合わせて史上最高クラスのスモールフォワードの称号を獲得しました。八村のディフェンス力が果たしてPippenほどのものに到達するかは分かりませんが、ディフェンスを除いた数字を見るともしかしたら「Pippenの再来!?」……と思わせるのです。「Pippenの再来」をこれまた日本のプロ野球に重ねた場合は、以下の4人が当てはまるのではないでしょうか。

小笠原道大
内川聖一
前田智徳
有藤通世

 さすがに王貞治、長嶋茂雄、イチロー、松井秀喜、張本勲レベルではないものの、そこに近いような存在。それが「Pippen級」のイメージです。

あわせて読みたい

「八村塁」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。