記事

楽天モバイルの頓挫と菅官房長官への逆風で、「携帯値下げ」は大山鳴動して鼠一匹か

1/2
共同通信社

楽天モバイル参入は菅官房長官にとってもチャンスだった

携帯電話料金値下げのニュースを、とんと耳にしなくなって久しい気がします。若干疑心暗鬼ながらも、世間が「携帯電話料金が本当に安くなるの?」と大騒ぎし始めたのは2018年夏のこと。スタートは政界からの一言でした。

菅義偉官房長官から唐突に飛び出した「携帯電話料金は4割程度下げる余地がある」発言。まずドコモが重い腰を上げ、今年19年の秋に携帯キャリア3社が揃って「料金4割値下げ」を実現するハズでした。

菅氏がなぜ2018年にこの問題を取り上げたのか。ここには政治的な戦略が大きく関わっています。菅官房長官の発言のきっかけを作ったのは、今秋第4の携帯キャリアとして新規参入を予定していた楽天モバイルが示した携帯通信料金案だった。

なかでも「大容量通信でも3000円台」という部分に、既存3キャリアの実質談合で高止まり状態が解消されない携帯電話利用料金を、一気に瓦解させる千載一遇のチャンスが到来した。同時にこのチャンスは、菅氏にとってもまたとないものだと思われます。

「携帯電話料金4割値下げ」宣言こそイメージアップの最善策

菅氏は2012年の第2次安倍内閣の成立から7年にわたって官房長官の座にあり、総理大臣経験者以外では国民に最も「顔が売れた」政治家であると言っていいでしょう。

官房長官は毎日会見を開く内閣のスポークスマンであり、TVニュースにも頻繁に登場する内閣の顔でもあるわけで、長期にわたってその座にあればあるほど国民的な知名度の向上とともに、将来的な政権の座にも近くなっていくわけです。

現在の安倍晋三首相にしても、元々岸信介元首相を祖父に持つという名門の出ではありますが、国民から大きな支持を得た第3次小泉内閣で官房長官を務めたことで、一気に次期首相の最右翼に駆け上がったのでした。

菅氏の知名度が順調に上昇する中、昨年には天皇陛下の退位に伴う今年5月1日付での新天皇即位と、それをさかのぼる4月1日付での新元号の発表スケジュールの公表がありました。新元号の発表は官房長官にとっては一世一代の檜舞台です。

BLOGOS編集部

昭和から平成に年号が変わった際にも時の官房長官小渕恵三氏がこの大役を務め、その後総理大臣にまで上り詰めてもいることから、菅氏にとっては願ってもないさらなる国民的イメージアップのチャンスが巡ってきたと考えるのはごく自然な流れでしょう。

このチャンスをただ年号公表役だけに終わらせてはもったいない。この機会に何か、政策面で政治家菅義偉として国民の味方的印象付けのできる独自施策は打ち出せないものか。

例えば、小泉純一郎元総理の「郵政民営化」のような。そのような考えの下、新規参入前の楽天が示した料金案を見て「携帯電話料金4割値下げ」こそ自身を印象づける最善の政策である、と考えコメントしたと考えるのがごくごく自然な推測ではないかと思えます。

政治が民間企業の事業に「こうしろ」「ああしろ」と口を出すのは、政治の不当介入として一般的にはあまりほめられたことではありません。しかしながら携帯キャリアの無線通信は国の免許業務であり、郵政事業同様政治家が横やりを入れてもなんら問題になるような存在でもない。

何より日本の携帯料金の高さと各社が展開する2年縛りなる契約に、大半の国民が理不尽さを感じているのは間違いありません。小泉純一郎氏が「行政改革=官のスリム化」の象徴としてぶち上げた郵政民営化に匹敵する、国民的支持が得られる政策に違いない、そんな氏の心の内もごく自然に見えてきます。

”利用者一律値下げ方式”の見送りが最大の問題点

「携帯電話料金4割値下げ」の旗印の下、まずは旧電電公社であり“政府の身内”ともいえるNTTドコモを動かします。ドコモが動けば他の2社も動かざるを得ない。

しかも背後には、低料金を売りにした今秋新規参入予定の楽天モバイルという強い味方もいるわけで。菅氏の発言を聞いた私も当時は、次期総理のイス狙いとして周到なシナリオが仕上がったと思ったものです。

ドコモが示した6月スタートの新料金プランは、触れ込みでは「最大4割安くなる」としたもののそれはかなり条件がそろった場合で、中身は相変わらず分かりにくく秋に向けて他社の出方待ち、特に新規参入の楽天モバイル次第、という状況でありました。

これに続いたau、ソフトバンクは、従来からドコモよりも低価格コースを設けていたこともあり、端末・通信料の分離がメインでさらなる様子見プランでお茶を濁しました。

この値下げ案最大の問題点は、利用者一律値下げ方式を見送ったこと。すなわち、希望者が窓口に足を運んで手続きをとる必要があるのです。

光回線などとセットになっていることで自分がどのくらい月々料金が下がるのか分かりにくく、値下げの実感があまりないとの噂も広がって利用者も様子見気分で出足は鈍ります。値下げの本番は、改正電気通信事業法の施行と楽天モバイルがサービスを開始する今秋とのムードが広がりました。

そこに突然降って湧いたのが、楽天モバイルの携帯電話事業の一時頓挫です。その理由は、基地局設置、通信網構築の遅れ。楽天側の携帯通信キャリア事業化に対する見通しの甘さから生じた、あまりにお粗末なトラブルです。

結局、10月のサービス開始を断念。とりあえず来春に延期、との発表がなされました。本格稼働をにらんで10月から5000人限定無料のプレ携帯通信サービスを開始したものの、通信不能等のトラブルが相次いでおり、来春のサービス開始も危ぶまれるような状況にあります。

あわせて読みたい

「楽天モバイル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  8. 8

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  9. 9

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  10. 10

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。