記事

「叶えられそうにもないけれど、夫と温泉旅行に行きたい」年金だけでは生活費が足りず、働かざるを得ない高齢者たち

1/2


 あなたは70歳を過ぎて働く自らの姿を想像できるだろうか。総務省の家計調査報告によると、高齢者2人暮らしの生活費(2018年)は、必要な支出26万4707円に対し、年金受給額を含む実収入は22万2834円となっており、4万1873円が毎月不足する計算だ。少子高齢化により受給額は減少、不足額はさらに拡大するものと考えられる。


 ベンチで一休みする作業着姿の高齢男性。話しかけてみると72歳で、年金だけでは生活できないことから、1日8時間の交通誘導の仕事に週6日も出勤しているという。「女房が寝たきりということもあるが、7万円ちょっとの私の年金だけでは暮らしていくのは無理だから」。

 畑で農作業をしていた高齢者に話を聞いてみると、農家というわけではなく、アルバイトだという。寒空の下、5時間にわたる肉体労働で得られる賃金は4500円ほど。「蓄えのある家はいいかもしれないけどね。うちなんかは年金だってそんなにたくさんもらっていなから大変。仕事がいっぱいある時は月に10万円くらい。ない時は2万円くらいだ」(70代女性)。


 ある集合団地では、午後7時前にもかかわらず、多くの部屋が真っ暗だった。「電気の節約だ。おそらく布団を敷いて寝てるはずだ」と住人の男性。平均年齢は80歳を超え、大半が年金暮らし。中には豆電球のわずかな光で夜を過ごす住人もいるという。


 1年前に夫を亡くした吉田節子さん(78、仮名)も、薄暗い部屋で過ごすのが日常だ。夫の仕事の都合で24年間、アメリカ暮らしをし、その間、日本の年金に加入していなかったため、得られる年金は月に2万円。長男から仕送り(月7万円)と合わせても、1人暮らしの高齢者が月に使う16万1995円(総務省調べ)には及ばない。そのため、灯りの要らない日中に夕食作りを済ませ、テレビも極力見ない。風呂の残り湯を桶に溜めておき、トイレを流すのに使うなど、徹底した節約生活を送っている。


 理容店を営む阿部正明さん(82)夫妻は、年金受給年齢になったら引退するつもりでいたが、気がつけば80歳を超えた今も働き続けている。ただ、頭痛や耳鳴りのほか、一昨年に交通事故に遭ってかあらは腰痛も抱えており、営業は週3日だけ。10名ほどの来店者があり4万円ほどの収入がある月もあるが、収入ゼロという月も。約30年にわたって国民年金保険料を支払ってきたが、受給額は妻と合わせて月に10万円ほど。支出は、光熱費、食費、医療費、通信費など約15万3000円かかるため、貯金を切り崩す日々だ。


 「仕事は好きだし、お客さんもいるので、動けるうちは仕事をやっていきたいと思う。でも病院があるし、お金が入る見込みもない。あと何年もつか分からない。年金制度が始まった当時は、掛け金が100~200円くらいで、将来5万円が払われますよという説明だった。それが今は国民年金の掛け金は1万6000円くらいで、将来もらえるのが5万円くらいい。これでは払っている人たちに対して失礼だし、今の時代、5万円では生活できない」(正明さん)。

 妻の壽子さん(80)も、せめて自分たちの葬式代は捻出したいと今年からパートを始めた。「生き残るためには体に鞭打つしかないのだろうか。温泉旅行にせめて1泊でもいいから主人と行ってみたいなって。叶えられそうにもないけれど。若い時は、こういう世の中になるとは想像がつかなかった。老後は安泰だと、年金だけで生活できると安易に考えていた」。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  3. 3

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  4. 4

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    養老孟司氏 考える力身につけよ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。