記事

「空き瓶が7万円」国産ウイスキー価格の異常値

1/2

ジャパニーズウイスキーが世界で人気だ。輸出額はこの10年で9倍になった。トータル飲料コンサルタントの友田晶子氏は、「2001年に世界コンテストで1位と2位を独占したのをきっかけに、注目が集まった。日本人だけが“魅力”を見逃していた」という——。

■異常な値段で出品されるジャパニーズウイスキー

木箱入り750ml1本59万4000円。12月1日現在のヤフオクでの「ニッカウヰスキー竹鶴35年」の出品価格だ。売れ残っているわけではない。40万円前後の出品価格ならば、どれも落札済になっている。「竹鶴25年」の平均落札価格は9万4899円。未開封で箱入りなら12万円だ。

ちなみに、「竹鶴35年」の空き瓶は7万4800円。「竹鶴25年」の空き瓶で1万2000円。空き瓶をいったいなにに使うのだろうか。

比較的簡単に買えた「余市」や「宮城狭」のヴィンテージ入りシングルモルトも、終売になってからはプレミアム価格になったのはもちろん、市場そのものから見なくなってしまった。

「サントリーシングルモルトウイスキー山崎シェリーカス 2013 700ml」は楽天で84万円。ヤフオクでは「山崎18年」が7万円程度。ちょっとでも安い出品価格なら、こちらもどんどん入札が入っている。

オークションはもっとすごい。山崎でもヴィンテージの入らない「ファースト・シリーズ」50年物が3000万円越え。埼玉県秩父の人気蒸留所「イチローズモルト」の54本セットが香港で約1億円で落札されたニュースも耳に新しい。

今市場には「ジャパニーズウイスキー」がとにかく品薄。あっても異常な値付けになっている。ウイスキー市場に、今、いったい何が起きているのだろうか。


ニッカウヰスキーHP「ニッカウヰスキーストーリー」より

■マッサンがもたらしたジャパニーズウイスキー文化

ウイスキーバブルの理由を探る前に、日本におけるウイスキーの歴史を簡単に見ていこう。ウイスキーが最初に日本に伝えられたのは1853年(嘉永6年)ペリー来航の年。国産ウイスキー第1号は1929年(昭和4年)寿屋山崎工場から。現在のサントリー山崎蒸留所だ。世界大戦後は洋食化が進み、国産ウイスキーの生産が増え、ニッカ、三楽オーシャン、キリン・シーグラムなどの名を聞くようになる。

日本のウイスキーは、マッサンこと竹鶴政孝氏のスコットランド留学(1912年/大正元年)によってもたらされた本場スコッチウイスキーの製造技術をベースに日本人ならではの感性を取り込み発展してきた。以来、100年、日本産ウイスキーは、穏やかながら、モルトの風味や樽熟フレーヴァーのバランスが良く、水割りにしても香味が薄まらないとして需要を伸ばし、スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアンと肩を並べる世界五大ウイスキーの一つとなっていく。

しかし、長い間、庶民のあこがれは国産ではなくやはり輸入ウイスキーだった。海外旅行のお土産として高級スコッチや高級バーボンなどを大切に持ち帰った人が皆さんの周りにもいるだろう。

■ウイスキーブームは1983年をピークにいったん下火へ

日本における輸入ウイスキー消費増加のきっかけは1971年(昭和46年)のウイスキー輸入自由化と翌年の関税引き下げでおこった洋酒ブームだ。バーやスナック、すし屋や居酒屋でも「ボトルキープ」がはやり始めたのもこの頃。ウイスキーが高級であればあるほど客のクラスも上がるという心理も働き、ボトルキープ制度は一世を風靡(ふうび)した。

しかし1983年をピークに消費は急激に冷え込んでいく。原因は、ウイスキーの増税による値上げと焼酎ベースのチューハイの台頭だ。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/stockfotocz)

さらにバブル期に入るとワインブームが起こる。また日本酒業界でもフルーティーで飲みやすい吟醸、大吟醸が各地の地酒蔵から続々発売された。もちろんビールも忘れてはならない。アサヒスーパードライは1987年の発売。大手ビール会社のドライ戦争が勃発した時期。つまりは、飲む酒の種類がぐっと増えた時代ともいえる。

そのうえ味わいのトレンドは、淡麗辛口の日本酒であったり、フルーティーな白ワイン、渋みの少ない赤ワインであったり、喉ごしいいチューハイであったり、キレがいいドライビールだったりと、すっきり軽快で飲みやすい味わいがトレンドの主流。

ウイスキーは、スモーキーな香りが強く、濃厚で個性的な味わいのうえに、蒸留酒だから当然アルコール度数も高い。気軽に飲むには敷居が高いし、おじさんのイメージが強く女性にも若い男性にも敬遠され、食事にも合わせにくいため徐々に飲食店のメニューからも酒屋の棚からも消えていったのだ。

あわせて読みたい

「ウイスキー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。