記事

新国立競技場で多用された木材の使い方から木造建築の未来を考える

1/2

[画像をブログで見る]

 新国立競技場が完成し、マスコミなどに内覧会が催された。私は参加したわけではないが、記者たちの感想などが多くの記事になっている。そこには、たいてい木に関することも触れられている。木材を多用した建築であることが売り物だからだろう。

 そこで私なりに考えたことを記したい。そこから(競技場ではなく)、今後の木造建築の方向性を感じるからである。

 とりあえずネットや新聞などに上げられている内覧会参加者の記事で木材に関する部分を抜き書きすると……。

「 屋根を見上げると、鉄骨を木で覆ったフレームに太陽光が反射していた。担当者は「観客やアスリートに優しさ、日本らしさを感じてもらえる設計」と説明する」(週刊朝日)
「杜のスタジアムだけに、実際、競技場は緑にあふれており、敷地内を歩いていると、ほのかに木の香りが漂ってくる。派手な装飾はなく、自然と心が落ち着く感覚に包まれた」(SankeiBez)
「木の庇を据えたデザインも、近寄って見れば鉄筋コンクリートの躯体にすのこを貼りつけているだけで、木は飾りに過ぎない」(フモフモコラム)
和の雰囲気やぬくもりを意識した木の構造はすてきだが、とんでもなく斬新なデザインというわけではなく…。正直インパクトはやや欠ける」(デイリースポーツ)
「細かい木材の反復は、周辺と調和し、さまざまな外力を受け入れる柔軟な「負ける建築」を唱える隈氏の真骨頂といえる」(朝日新聞)

 などなど。

 記事によって褒めているか貶めているのかわからない表現が見られるが、斬新なデザインというよりは見慣れたスタジアムの光景ながら、木質部分が優しく心地よさを感じさせる建築物であるようだ。

 ただ各種の記事で説明されるのは、木材を多用したといっても基本的に鉄骨とコンクリートの構造であるということ。鉄骨の周囲を木材で覆っていること。また風雨にさらされやすい庇は、木目調の塗装を施したアルミ材であること……などが指摘されている。

 そうなのだ。これは「巨大な木造建築」ではなく、あくまで木によって装飾された鉄骨・コンクリート建築物なのだ。だから「味の素スタジアムの外側に割り箸でも貼りつけた程度」と評する記事もある。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  3. 3

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  6. 6

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。