記事

新国立競技場で多用された木材の使い方から木造建築の未来を考える

1/2

[画像をブログで見る]

 新国立競技場が完成し、マスコミなどに内覧会が催された。私は参加したわけではないが、記者たちの感想などが多くの記事になっている。そこには、たいてい木に関することも触れられている。木材を多用した建築であることが売り物だからだろう。

 そこで私なりに考えたことを記したい。そこから(競技場ではなく)、今後の木造建築の方向性を感じるからである。

 とりあえずネットや新聞などに上げられている内覧会参加者の記事で木材に関する部分を抜き書きすると……。

「 屋根を見上げると、鉄骨を木で覆ったフレームに太陽光が反射していた。担当者は「観客やアスリートに優しさ、日本らしさを感じてもらえる設計」と説明する」(週刊朝日)
「杜のスタジアムだけに、実際、競技場は緑にあふれており、敷地内を歩いていると、ほのかに木の香りが漂ってくる。派手な装飾はなく、自然と心が落ち着く感覚に包まれた」(SankeiBez)
「木の庇を据えたデザインも、近寄って見れば鉄筋コンクリートの躯体にすのこを貼りつけているだけで、木は飾りに過ぎない」(フモフモコラム)
和の雰囲気やぬくもりを意識した木の構造はすてきだが、とんでもなく斬新なデザインというわけではなく…。正直インパクトはやや欠ける」(デイリースポーツ)
「細かい木材の反復は、周辺と調和し、さまざまな外力を受け入れる柔軟な「負ける建築」を唱える隈氏の真骨頂といえる」(朝日新聞)

 などなど。

 記事によって褒めているか貶めているのかわからない表現が見られるが、斬新なデザインというよりは見慣れたスタジアムの光景ながら、木質部分が優しく心地よさを感じさせる建築物であるようだ。

 ただ各種の記事で説明されるのは、木材を多用したといっても基本的に鉄骨とコンクリートの構造であるということ。鉄骨の周囲を木材で覆っていること。また風雨にさらされやすい庇は、木目調の塗装を施したアルミ材であること……などが指摘されている。

 そうなのだ。これは「巨大な木造建築」ではなく、あくまで木によって装飾された鉄骨・コンクリート建築物なのだ。だから「味の素スタジアムの外側に割り箸でも貼りつけた程度」と評する記事もある。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。