記事

大学共通テストの見直し

 令和3年度からこれまでの大学入試センター試験に代わり、共通テストが導入されることとなっていた。今の高校2年生からその対象になるのだが、根幹から見直しが迫られている。

 共通テストの目玉であった英語4技能、すなわち「読む、聴く、書く、話す」のうち、「書く、話す」の2技能について、民間の試験を活用することになっていたが、その試験登録の直前の11月1日に、突然延期の決断を萩生田文部科学大臣が発表した。

 その理由は「身の丈にあった対応を」という大臣ご本人の失言もあったが、全国で容易にアクセスできる体制が整っていなかったり、受験料が高すぎたりして、試験の公平性や公正性が保てないことが挙げられていた。早くても2024年までは延期されるという。

 またもう一つの目玉であった国語と数学の一部記述式問題の導入についても、20日という短時間に数十万人の解答を正確に採点するには、心許ないアルバイト対応などが問題となって、先日早急な導入を断念するという発表が文科大臣からあった。

 英語4技能の民間試験導入は、生きた英語を高校教育に導入するという目的があり、また記述式問題で思考力と表現力を試すという目的があった。いずれも現在から将来に向けて不可欠な能力であり、それが目指すところは大変重要な教育目標であった。

 しかしこれらを測る手段が大変曖昧であったため、日本の教育における取り組みが10年近く遅れることとなったことは、とても残念である。それ以上に大学受験を控える高校2年生に心配と迷惑をかけたことについては、大いに反省しなければならない。文科大臣の進退にも関わる重大問題ではないだろうか。

 斯くなる上は、国公私立大学が自らの2次試験において、思考力と表現力を試す試験内容を整えてもらうしかないのだが、反応は極めて鈍いのが現状だ。先日発表されたPISAの国際比較では、日本の「読解力」がかつての上位から15位にまで下がってしまったという。

 将来の日本を背負って立つ若者の真の学力が、今後低下することのないように、教育関係者のみならず国民皆が目を光らせることが望まれる。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。