記事

総務次官情報漏洩で更迭 天下りの弊害

高市総務相は、かんぽ生命の不正販売問題をめぐって、総務省が近く発表する日本郵政グループに対する行政処分案の検討状況を郵政側に漏らしたとして、鈴木茂樹総務事務次官を停職3ヶ月の懲戒処分にした、と20日発表しました。鈴木次官は、同日、辞職し、事実上の更迭となりました。鈴木次官が情報を漏らした相手は、日本郵政の鈴木康雄上級副社長で、高市氏は「同じ旧郵政省採用の先輩後輩という形のなかで、何かやむを得ない事情があったんだろう」とし、謝罪しました。

「取締役に総務省OBが入ることにマイナスが大きい。監督官庁として公正公明な判断ができなくなる」として、今後は取締役の人事の認可にあたって「このような観点からも厳正に臨む」と述べています。その通りで、これでは、適正な監督ができるはずが、ありません。天下りの問題点は、これまでにも指摘されてきていますが、今回の情報漏洩は、天下りを通して行政がゆがめられている実態を浮彫にした、といえます。

金融庁は、不正販売問題で、かんぽ生命と日本郵政に対して、3か月間の一部業務停止命令を出す方向で最終調整に入った、と報じられています。この不正販売によって、保険契約者が不利益を被ったことに加えて、かんぽ株が今年夏に一時4割超も下落しました。国が57%を持つ大株主で、その監視責任、企業経営者の責任が問われています。

NHKの「クローズアップ現代+」が、昨年4月、かんぽの不正販売を取り上げた時に、かんぽ生命も総務省も、きちんと対応していれば、被害を防げた部分もあったはずです。ところが、放送分野も統括していたことを振りかざして、元総務次官だった鈴木副社長は、NHKに抗議をして、それにNHK会長が詫び状を出すという、情けない結果になっています。

監督官庁と癒着した甘い体質は、国をバックに契約者を信用させ不正の温床になった、と指摘されています。次官といえば、その省庁の事務方のトップです。今回の総務事務次官の更迭は、天下りの弊害を改めて突きつけたもので、総務省も日本郵政も、その体質を改める必要があります。

あわせて読みたい

「天下り」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。