記事

「好きで好きで」ホスト刺した被告 判決・控訴直後に直撃

ガールズバーの店長だった高岡由佳被告(本人のInstagramより)

被害者の琉月さん

 東京・新宿でホストが女性客に刺された事件が、新たな展開を見せている。殺人未遂で懲役3年6か月の実刑判決を受けた高岡由佳被告(21)が、判決を不服として控訴。今後の行方が再び注目されている。

【写真】被害者の琉月さん。高岡被告と肉体関係もあったと裁判で明かされた

 事件が起きたのは2019年5月23日。新宿区のマンションで、高岡被告がホスト男性・琉月(るな)氏(20)の腹部を刃物で刺し、重症を負わせた。「好きで好きで仕方がなかった。一緒にいるためには殺すしかないと思った」と歪んだ愛情を明かしたことで大きな話題となった。

 12月3日に行われた初公判には、琉月氏が出廷。恨みや憎しみの言葉を語らず、「できれば罪を償うような形ではなく、普通の生活を送れるようにしてもらいたいです」と情状酌量を求めた。しかし、裁判長は高岡被告の「強い殺意」と「身勝手な犯行」を指摘。短絡的で独りよがりな発想によるものだとして、実刑判決がくだされた。

 判決後、法定で嗚咽を漏らして泣き崩れた高岡被告は今、実家に身を寄せ、控訴審に向けて準備を進めているという。一審では執行猶予が付く可能性も指摘されていたが、控訴したことで、どんな展開になるのだろうか。全国紙司法記者が語る。

「一審で高岡被告が琉月さんに謝罪の手紙を出したことも明かされ、高岡被告は悔い改めている様子を見せていました。何より琉月さん本人が出廷し、情状酌量を求める嘆願書も出していました。その上で出された判決です。二審は、琉月さんの協力も得られるかどうかわかりません。琉月さんは事件後に注目されたことでデメリットも大きかったようです。彼は“二審では裁判に協力できなさそう”と周囲に言っていると聞きます」

 二審に向けて、こんな動きもあるという。

「ネットでは彼女を支援する声もあがってきています。琉月さんをお店でナンバーワンにするために風俗やパパ活までしてお金を稼いで、彼に貢いだわけです。ある意味で、ホストクラブの“犠牲者”とも言えるのではないか、という主旨です。彼女の量刑が少しでも軽くなるようにと考えている人たちが、新たに嘆願書を書く可能性があるとか」(歌舞伎町ホストクラブ関係者)

 一審の判決を、こういった声で覆すことができるのだろうか。刑事事件に詳しい弁護士法人ダーウィン法律事務所・岡本裕明弁護士に聞いた。

「あくまでも一般論ですが、被害者が減刑を求める嘆願書は一審で提出されており、被害者からの情報は出尽くしていると考えます。控訴審では、被告人の再犯防止の取り組みや更生環境が整備されているという主張をして減刑を求めていくことが考えられます。逆転のためには、一審で出せなかった“新たな事実”が求められることが多く、そのような事実が主張できた場合、ひっくりかえる可能性がないとはいえません」

 12月中旬、記者は高岡被告に話を聞くため、彼女の実家を訪ねた。高岡被告は不在で、応対した高岡被告の母親は「何も話すことはありません」というのみだったが、そのわずか数分後に高岡被告本人が帰宅した。

 10センチはあるハイヒールのストレッチブーツ、ヒップラインまでくっきりと見えるセクシーなスキニーデニムに黒い革ジャンを羽織った高岡被告。裁判での憔悴しきった様子とはうってかわって、くっきりとマスカラが塗られたバッチリメイク。隣を歩く若い男性と談笑しながらの帰宅だった。しかし、記者が「控訴についてお話を」と向けると笑顔が一転。押し黙って自宅へと入っていった。

 高岡被告の現状を琉月氏はどう思うのか。

「彼女が元気ですごせているようならそれは良かったと思います……でも控訴では、俺が彼女にしてあげられることは、もうないと思う」

 琉月氏はため息混じりにそう答えた。

◆取材・文/宇都宮直子

あわせて読みたい

「殺人未遂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。