記事

「これでラストかな…」グラビア卒業を覚悟した倉持由香に待ったをかけた人妻好きからの熱い需要

1/2
撮影:冨田恭蔵

BLOGOS読者の皆様、こんにちは! 人妻尻職人の倉持由香です。先月、結婚のご報告をさせていただきましたが、芸能界は令和婚ラッシュですね! いい夫婦の日の前に発表しておいてよかったなと、胸をなでおろしております。

レジェンドグラドルの壇蜜さんもご結婚されました。壇蜜さんにも、旦那さんの清野とおるさんにもお会いしたことがありますが、どこかのIT社長とかではなく、清野さんを選ぶところが壇蜜さんらしくて素敵だなって思いました。

川村ゆきえさん、橋本マナミさん、柳いろはちゃんもご結婚されて、グラドル界もラッシュ!

イモトアヤコさんは番組ディレクターとご結婚。危険な登山とか過酷なことをずっと一緒にしていたら恋愛感情も生まれますよね!私が富士山で土下座したりして泣きながら登ったロケでは何も生まれませんでしたが……(笑)

私が11月5日に結婚することは両親に伝えていたんですけど、発表することがちゃんと伝わっていなかったみたいで。父が職場でニュースを見せられて「これ娘さんだよね?」と聞かれたらしく「発表したの!?」と連絡が来て(笑)。親戚からも「Yahoo!ニュースのトップになってるんだけど!?」って。

家族や親戚は、私が結婚を発表せずに芸能活動を続けていくと思っていたみたいで。そういえば発表するってちゃんと言ってなかった気もします。とてもバタバタしていて……。

私としては結婚を公表しないという選択肢はなかったんです。これで引退するのだったら「結婚します」と言わないまま、「芸能界を引退します。ありがとうございました、さようなら!」にしたかもしれませんが、芸能活動を続ける時点で公表することは決めていました。

「彼氏いますか」と写真集イベントで質問するのはやめて欲しい

週刊プレイボーイさんに人妻となって初のグラビアを載せていただきましたが、実はグラビアを続けるかどうか迷っていました。ここ3年ぐらいDVDや写真集を出していなくて、グラビアをほとんどやっていなかったんです。

結婚の話が出ていたということもありますし、DVDや写真集のイベントって絶対「彼氏はいますか?」っていう謎の質問がくるんですよ。そんな質問が来ても「いません」って言うしかないじゃないですか!!

写真集のイベントで彼氏いますか? って聞かれて「最近出来たんですよ〜!」なんて答えたらイベントに来てくださったファンの方々も腰を抜かしてしまいます。そこはグラビアアイドルの様式美というか。アイドルの語源は「偶像…idol」と言われているので。

過去のDVDイベントのインタビュー記事を出して「彼氏いないって言ってたじゃないですか!」ってツイートされている方もいたんですけど、私でも私でなくても、その質問を聞かれたグラビアアイドルは「いません」って言うしかないと思うんですよね……。今までイベントのインタビューで「彼氏いますよ〜! 同棲中です!」なんて言ったグラドルの子はいるのかなあ……。

私は質問をされた時以外は、自分から「彼氏いないんです!」みたいなアピールをTwitterとかでしてないはずで。「産まれてから男性と付き合ったことがありません」とか「処女です!」とか発信していないと思います。だから誰かに聞かれない限り言わないようにしていたし、結婚が決まっているのにインタビューで聞かれるのもイヤだったので、DVDや写真集はもう出さないことにしていました。

あとは人妻になってグラビアをやるのは「みんな喜ぶのだろうか……?」いうのがありました。アイドル性で見ている人からすれば、「他人の妻の尻に興味はないぜ」という方が多いのかなと思ったし、需要が無いのなら独りよがりになってしまうから、無理してグラビアをやらなくてもいいかなと。

夫や夫の家族はグラビア活動をとても応援してくれている

撮影:冨田恭蔵

夫は私の仕事を理解してくれていて、グラビアが大好きで15年もやってきたので、「君が一番好きなことは続けた方がいいんじゃないか。むしろやったほうがいいでしょ」と言ってくれています。夫は私にグラビアをやらせたがっているというか。別に夫に「妻の尻がみんなに見られている……!!!」とかで興奮するような特殊な性癖があるわけではないですよ(笑)。

好きなことはやった方がいいし、やりたくないことはやらなくていいし。好きなことやって生きていくべきだし、俺もそうするよって。「お互いに好きなことをやって生きていこう」という考え方なので。そういう考え方が心地よくて長く一緒に居られるんです。

夫の家族もずっと週プレを買ってくれたり、DVDも買ってくれていて、とても応援してもらっていました。だから結婚後のグラビアの話も「え〜! 出て出て! アンケートも書くよ〜〜!」と。ありがたいですね。

グラビア卒業を思いとどまらせた人妻好きからの熱い需要


今回週プレさんが声をかけてくださったのでお引き受けしましたが、さすがにこれでラストかなって思っていました。「グラビア卒業します!」っていうのはあんまり言いたくない言葉ですが。

それが意外とグラビアを見てくれた方々から「人妻どちゃくそエロい」「指輪が映っているグラビア最高です」と、ご意見がとても多くて。…これはもしや人妻グラビアの需要があるのか? と。

結婚を発表したらTwitterのフォロワーが一瞬で1000人減ったんです。このまま一気に減っていったらどうしようと思っていたら、その後5000人増えたんですよ。あれ!? 人妻好きが急に5000人現れたぞってなりました(笑)

熊田曜子さんはお子さんを3人産んだあともグラビアをされているんですけど、新しく撮ったDVDの方が売れているらしいんですよ。昔、撮影したものよりも結婚後の方が人気らしくて。人妻好きがこの世の中にはすごく多いんですね。

勉強になったのは、人妻好きの中にも色々な流派があるみたいで「人妻ニットです」ってツイートしたら「うおおお! 人妻ニット最高です」という意見もあったんですけど「人妻って単語は入れないでください。指輪を見て妄想するのがいいんです!」とか、逆に「指輪は見えないように隠してください」って方とかもいて。人妻道は奥深いなと……。

なので、今後もグラビアをやっていこうと思いました。みんながこんなに人妻グラビアを望んでくれるんだったら一肌、いや一尻脱ぎますよ!

「俺が旦那だったらおじさん」が大量発生

新種のクソリプおじさんがめっちゃ増えましたね。「俺が旦那だったらおじさん」が大量に現れました。お尻の画像とともに時刻をお知らせする「尻時計」は結婚しても続けようと思って、Twitterに載せていたら、

「いい加減、尻時計とか辞めなよ。俺が旦那だったらイヤだよ」
「ご主人はどう思ってるのかな」

といったリプライがガンガン飛んできて。

そんなことは納得した上で結婚しているわけじゃないですか! 一般的な男性は奥さんがお尻をTwitterにアップしてたらイヤだと思うし、その気持ちはすごく分かるんですよ。

だけど、うちは理解してもらっているし、夫はそんな私を嫌がらないから結婚もしているんですよ! ってことなので。

「俺が旦那だったらおじさん」に対してはファンの方々が「お前は旦那じゃない」とストレートにツッコんでくださったので心が落ち着きました(笑)。

世の中には色々なご家庭があると思うんですけど、今回のことで他所の家庭のことに口を出すのは本当に止めた方がいいんだなと。

すごく離れた年の差婚とか国際結婚とか、結婚には色んな形がありますけど、結婚って家同士の問題で、納得して婚姻届を提出するわけだから部外者がとやかく言うことではないんですよね。家庭ごとにそれぞれのルールや色があります。自分が結婚して改めて思いました!

Yahoo!ニュースのコメント欄とかで辛辣なコメントも多数いただきました。

ある程度批判されるのは覚悟してたんですが、「プロゲーマーとグラビアアイドルなんて底辺職業同士、すぐ離婚するわ。ドンドン貧乏になって来年はアパート暮らしで家賃も払えず食べ物も買えなくなって野垂れ死ぬの確定です。ご愁傷様でした」まで書かれて!「えっ、誰!? そこまで!? 私この方にそんなに不快な思いとかさせたのかなあ……?」って。

あと、「結婚しました」っていうポジティブなニュースだと叩く人も多いんですけど、「インタビューでは彼氏がいないと発言していたのに、裏切り者と大批判」みたいなニュースには「そんなことを言ったってアイドルはそういう職業だろ! 理解できない奴はファンじゃない!」って擁護するコメントが多くて。ヤフコメ民はニュースの論調とは逆張りするのか……と新たな発見がありましたね。

夫婦2人で新たな山に登ります

撮影:冨田恭蔵

夫婦になったなと感じるのは、夫とのツーショットをTwitterに載せられること。結婚する前は色々なゲームの大会で夫の名前を出して応援することもなかったんですよ。「ふ〜どさん頑張って!」とは書けないから「日本勢頑張れ〜〜!!」みたいな形で応援していました。それを夫の名前を出して堂々と応援できるのは嬉しいですね。さっそく『CAPCOMCUP2019』の時は応援配信もしました。

結婚して2人での仕事が増えて、夫婦配信もできるようになったのが嬉しいです。

今後はゲーマー夫妻の山と人妻グラビアの山の頂点を目指していきたいなと思っております!

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。