記事

子育て世代に衝撃、人気抱っこひもの効果は「根拠なし」 1児の母タレント「実際に使用していたが…」



 アメリカの人気抱っこひもメーカー「エルゴベビー」の日本の販売代理店に対して20日、消費者庁が景品表示法違反の改善措置命令を行った。

 同商品については、肩への負担が他社の製品に比べて七分の一、ママへの負担が85%減、人間工学の専門家も認める快適性などの謳い文句で売り出され、子育て世代から支持を集めていたが、消費者庁によると同庁の求めによって提出されたデータに関して「肩への負担が他社製品に比べて七分の一」を証明する根拠が無かったということだ。

 ここに登場する人間工学は商品の性能や効果の裏付けとしてよく目にする言葉だが、日本人間工学会のホームページによると「ヒトが仕事をするとき最も適切で疲れることが少ない筋肉の使い方を科学的に追及する工学のこと」と説明されており、100年の歴史があるということだ。



 22日にAbemaTVで放送した『Abema的ニュースショー』では、この問題を取り上げた。実際にこの商品を使っているという2015年ミス・ユニバース日本代表で1児の母の宮本エリアナさんは「新生児のうちは3キロ、4キロくらいしかないので肩への負担は少ない。しかし1歳半になり体重が10キロ近くになると肩への負担はだいぶ大きくなる。今考えれば、根拠のない事だったのかと思う」と話し、実際には触れ込みの効果を実感することは難しいという認識を示した。

 さらに宮本さんは「購入するときは人形を使って使用感をチェックするが、年々体重も重くなってくるので負担も大きくなる。使いやすいが、買い替える人も多いように思う」と私見を述べた。

 ちなみに今回のケースに限らず、こういったケースから消費者を守るための法律が景品表示法違反。他には牛肉のブランドの産地偽装や中古車自動車の走行距離、予備校の合格率、小顔効果、ウイルス除去率などが規制対象にあたる。

▶映像/巷に溢れる過大広告や産地偽装

あわせて読みたい

「景品表示法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。