記事

ピエール瀧、役者業再開は絶望的でも本業で進む復帰計画

ミュージシャンとして復帰か(時事通信フォト)

 沢尻エリカや田口淳之介ら芸能人の薬物事件が相次いだ2019年だが、最初の“大物逮捕”となったのが、ピエール瀧(52)だった。2019年3月、コカインを所持・使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された瀧。6月に東京地裁で懲役1年6か月、執行猶予3年の判決が下されて以降、表舞台に姿を現わしていない。

 出演ドラマの代役撮り直しなど、違約金は10億円超とも報じられており、これから返済に追われることになるとみられている。

「金を工面するためにも、遅かれ早かれ仕事復帰を目指すでしょう。とはいえ、スポンサーの関係で、テレビや映画の出演は絶望的です」(芸能関係者)

 NHK大河ドラマ『いだてん』の出演を筆頭に、近年は役者業を中心に活躍していただけに、復帰の道は険しそうかと思いきや、“本業”で着々と復帰計画が進んでいるという。

「石野卓球と組む音楽ユニット、『電気グルーヴ』の活動です。11月に公式HPがリニューアルされ、2人をマネジメントする新会社が設立されています。12月17日には、日本最大の野外音楽祭『フジロックフェスティバル』のプロデューサー・日高正博氏と瀧を交えた3ショット写真を石野がSNSにアップしている。

 テレビと違い、音楽ならインディーズでCD販売できますし、ライブもできる。何らかの形で『電気グルーヴ』が復活するとみる音楽関係者は多い」(レコード会社幹部)

 根強い人気を誇るテクノユニットが、違約金返済の“財源”となるか。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「ピエール瀧」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。