記事

「メドベージェフ首相北方領土国後訪問、この数年の民主党政権の無様な対応がこのような事態を招いた原因だ。尖閣をきちんと対応しないと大変なことになる」

メドベージェフ首相が国後を訪問してここはロシア領だと発言、友好、話し合いムードに釘を刺す。6月の野田―プーチン会談での印象が、領土問題解決に向けて歩み出したと捉えられたことに対する牽制か。

それにしても北からはロシアが北方領土の実効支配を正当化して、日本海では韓国が竹島にリゾートまでつくる勢いだ。

クナシリ、エトロフ等北方領土は、日本がポツダム宣言を受諾した昭和20年8月15日、武装解除した後に
に旧ソ連が不法にも占領したのである。

また竹島は朝鮮戦争の最中に、韓国の李承晩大統領が突然領有権を主張し始めたことをきっかけに起きた不法占拠です。朝鮮戦争の最中という特殊事情もあり、

武力で取り返すことが出来ず、既成事実が積み上げられ今日に至っています。しかし歴史的に見ても法的に見ても日本領土あることは疑いようがなく、国際司法裁判所で法的に解決しようとしても、韓国が同意しない。

さらに菅内閣当時の2010年9月尖閣諸島で中国の漁船が海保の船に体当たりしました。北からロシア、日本海で韓国が竹島に、東シナ海では中国と包囲網が惹かれています。

結局、東シナ海を友情の海にの鳩山さん、国会議員140人もつれて胡錦濤に握手をした小沢さん、尖閣でビビッタ菅さんなど、反日・弱体政権が続いたので相手から足下を見られるのだ。

この3年間の民主党政権は取り返しのつかない、外交的マイナスを引き起こしている。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  6. 6

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  7. 7

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    前澤氏はお金配りしない方がいい

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。