記事

ヤフーとLINEの経営統合で最終合意、ソフトバンクが主導権


[東京 23日 ロイター] - ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とソフトバンク<9434.T>、SNSサービスのLINE<3938.T>とその親会社のネイバー<035420.KS>は23日、ヤフーとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。新たに設立する合弁会社の取締役の過半数はソフトバンク側となり、主導権を握る。

両社は11月18日に経営統合に関する基本合意書を締結しており[nL3N27Y07F]、具体的な取り組みが動き出す。

最終合意によると、ZHDの親会社であるソフトバンクとLINEの親会社であるネイバーが共同でLINEの非公開化を目的として実施する株式公開買い付け(TOB)の価格を1株あたり5200円から5380円に修正する。TOBの実施は20年5-6月を見込む。

買い付け代金は3720億円となり、ソフトバンクとネイバーが折半出資で設立する合弁会社「LINE」でのソフトバンクの負担は1860億円程度と見込まれる。合弁会社のLINEは、ヤフーとLINEを傘下に置くことになるZホールディングスの親会社となり、ソフトバンクの連結子会社になる。

合弁会社の社長にはソフトバンクの宮内謙社長が、会長にはネイバーの李海珍氏が、それぞれ就く。取締役5人のうち過半数の3人がソフトバンク側となる予定。ソフトバンクは主導権を握ることで、自社グループとのシナジーが出しやすくなる。

ソフトバンクの連結子会社である汐留Zホールディングスが保有するZHDの株式を取得するため、LINEが非公開後にZHD株式に対する公開買い付けを行う買い付け価格は仮に1株348円とし、実施は20年9月を見込む。

*内容を追加しました。

(平田紀之 編集:内田慎一)

あわせて読みたい

「ヤフー・LINE経営統合」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。