記事

NHKアナの女王争い 桑子真帆の独走に和久田麻由子が待った

「ポスト有働」の座は誰に?

桑子アナは昨年、一昨年と紅白の総合司会を務めた(写真/ロケットパンチ)

 女子アナにとって、1年の総決算となる特番シーズンがやってきた。エースアナ争いが佳境を迎えているのがNHKだ。

【写真】ワンピ姿の桑子アナ

 2017年、2018年と2年連続で『紅白歌合戦』の総合司会を務めた桑子真帆アナ(32)の独走と見られていたが、それに待ったをかけたのが、令和初の紅白で総合司会を任される和久田麻由子アナ(31)だ。

「2018年は2年ぶりに平均視聴率40%台を記録しており、局内からは『次も桑子だろう』という声が多かった。それだけに、和久田アナの抜擢は驚きました」(NHK局員)

 東大卒の和久田アナは2015年に『おはよう日本』のMCに起用されて以来、その美貌と知的な受け答えでファンが拡大。2019年は『NHKスペシャル』をはじめ様々な番組にひっぱりだこで、10月の「即位の礼」特番でもMCを務めた。

「政治家にもファンが多く、『和久田さんを紹介してほしい』と言われることも少なくない。2019年3月に一般人男性との結婚が報じられた時は、局内でガッカリした人が多かった」(別のNHK局員)

 一方、桑子アナも年明け1月2日の特番『福山雅治×香川照之の生き物すごいぜ!』に出演する。

「大物2人との共演は、それだけ桑子アナに対する信頼度が高いということ。スタッフの間では、“桑子こそエース”という声が根強い」(同前)

 有働由美子アナ(50)が去ったNHKで、新女王の座を手にするのは果たしてどちらか。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  3. 3

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  4. 4

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  5. 5

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  8. 8

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    SW新作から見える米社会の変貌

    WEDGE Infinity

  10. 10

    新型肺炎の流行 五輪にも影響か

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。