記事

NHKアナの女王争い 桑子真帆の独走に和久田麻由子が待った

「ポスト有働」の座は誰に?

桑子アナは昨年、一昨年と紅白の総合司会を務めた(写真/ロケットパンチ)

 女子アナにとって、1年の総決算となる特番シーズンがやってきた。エースアナ争いが佳境を迎えているのがNHKだ。

【写真】ワンピ姿の桑子アナ

 2017年、2018年と2年連続で『紅白歌合戦』の総合司会を務めた桑子真帆アナ(32)の独走と見られていたが、それに待ったをかけたのが、令和初の紅白で総合司会を任される和久田麻由子アナ(31)だ。

「2018年は2年ぶりに平均視聴率40%台を記録しており、局内からは『次も桑子だろう』という声が多かった。それだけに、和久田アナの抜擢は驚きました」(NHK局員)

 東大卒の和久田アナは2015年に『おはよう日本』のMCに起用されて以来、その美貌と知的な受け答えでファンが拡大。2019年は『NHKスペシャル』をはじめ様々な番組にひっぱりだこで、10月の「即位の礼」特番でもMCを務めた。

「政治家にもファンが多く、『和久田さんを紹介してほしい』と言われることも少なくない。2019年3月に一般人男性との結婚が報じられた時は、局内でガッカリした人が多かった」(別のNHK局員)

 一方、桑子アナも年明け1月2日の特番『福山雅治×香川照之の生き物すごいぜ!』に出演する。

「大物2人との共演は、それだけ桑子アナに対する信頼度が高いということ。スタッフの間では、“桑子こそエース”という声が根強い」(同前)

 有働由美子アナ(50)が去ったNHKで、新女王の座を手にするのは果たしてどちらか。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。