記事

さようなら、国民民主党

国民民主党の玉木雄一郎代表と日本共産党の志位和夫委員長が都内のホテルで会談し、次期衆院選挙で協力していくことを決定したとの報道があった。

一言でいえば、国民民主党、終了。

天皇陛下の存在を敵視し、日米同盟の解消を唱え、自衛隊を違憲だと言い募るような政党と協力するということは、日本の政党としてあってはならないことだ。いくら野党でも矜持というものがなければならない。あっちにフラフラ、こっちにフラフラとボウフラのような態度を示していては、国民の理解は得られない。

玉木雄一郎さん、はっきりいって失望しました。
有権者の想いを踏みにじるような行為に加担した以上、この政党は全く支持できない。

思い返してみて欲しい。今、国民民主党と名乗っているが、選挙の際には「希望の党」であったはずだ。
枝野氏ら非現実的な安全保障政策を掲げた政治家を「排除」したことを非難する人々も存在するが、私はこれは正しかったと思っている。何故なら、安全保障政策が全く異なるような人々がひとつの政党になることに違和感を覚えるからだ。

希望の党は、自民党に代わりうる保守系の政党を目指していた。
小池旋風は去ってしまったが、少なくない国民が希望の党に投票した。
希望の党に投票した人々は 、まさかこの政党が共産党と協力するとは夢にも思っていなかったはずだ。
実際に私の友人で保守系の思想の持ち主が、日本で政権交代を可能にする野党が必要だと考え、希望の党に一票を投じていた。
こうした人々の想いを踏みにじるような暴挙を敢えてした玉木代表にはもはや不信感しか残らない。

さようなら、国民民主党。

こちらの動画で詳しく解説しておりますので、是非ともご覧ください。



岩田温チャンネルは、毎日19時に更新しております。チャンネル登録の程、宜しくお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。