記事

【読書感想】私は本屋が好きでした──あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏

1/2

私は本屋が好きでした──あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏
作者:永江朗
出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス
発売日: 2019/11/25
メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介
反日、卑劣、心がない。平気でウソをつき、そして儒教に支配された人びと。かかわるべきではないけれど、ギャフンと言わせて、黙らせないといけない。なぜなら○○人は世界から尊敬される国・日本の支配をひそかに進めているのだから。ああ〇〇人に生まれなくてよかったなあ……。

だれもが楽しみと知恵を求めて足を運べるはずの本屋にいつしか、だれかを拒絶するメッセージを発するコーナーが堂々とつくられるようになった。そしてそれはいま、当たりまえの風景になった──。

「ヘイト本」隆盛の理由を求めて書き手、出版社、取次、書店へ取材。そこから見えてきた核心は出版産業のしくみにあった。「ああいう本は問題だよね」「あれがダメならこれもダメなのでは」「読者のもとめに応じただけ」と、他人事のような批評に興じるだけで、無為無策のまま放置された「ヘイト本」の15年は書店・出版業界のなにを象徴し、日本社会になにをもたらすのか。

書店・出版業界の大半が見て見ぬふりでつくりあげてきた〝憎悪の棚〟を直視し、熱くもなければ、かっこよくもない、ごく〝普通〟で凡庸な人たちによる、書店と出版の仕事の実像を明らかにする。

 いわゆる「ヘイト本」は、どんな人たちがつくって、売っているのか。
 差別的だったり、断絶を煽ったりするような本が世に出ることを、出版社や書店は、どう考えているのか?

 大手書店が、韓国や中国に対する「ヘイト本」のフェアを行い、興味を引くようなPOPをつけて販促をしているのをみると、僕も正直、「この書店は、売れればなんでもいいのかよ!」と思うのです。

 でも、この本を読んで、考え込んでしまいました。
 僕自身はネットでの情報やタイトル、著者をみて、「ああ、これは『ヘイト本』だな」と認識し、買う本の候補からは外している」のですが、それは、ある意味、「ヘイト本という先入観にとらわれて、相手の主張を確認することもなく排除している」ともいえるわけです。

 本来、他者の意見を否定するのであれば、それをまずきちんと理解してからであるべきでしょう。
 そうなると、「ヘイト本を批判するには、ヘイト本(とされているもの)をきちんと読むべき」なんですよね。
 そこまで真摯になることは、現実的には難しいし、「ちゃんと読まないと、ヘイト本は批判してはいけない」というのも、ヘイト本の著者や出版社を儲けさせるだけ、という気もするのですが。

 著者は、書店からヘイト本を排除すべきだ、と言っているわけではないのです。
 もちろん、そういう本だけを集めてフェアを開催し、手書きのPOPで大々的に売るべきだ、と主張しているわけでもありません。

 著者は、福嶋聡さんの「言論のアリーナ」論について、この本のなかで何度も触れています。

 福嶋さんの『書店と民主主義──言論のアリーナのために』(人文書院、2016年)を引きながら、著者はこう述べています。

 福嶋聡は、つぎのように述べている。
 書店員は、どうすればよいのだろう? 「ヘイト本」など売りたくないと思うなら、自らの信念に従って速やかに書棚から外すべきなのか? だが、ただでさえ売上が落ちている中で、実際に売れている本を書棚から外すのは難しい。何より、「自らの信念に適う本」のみで店舗を形成・維持することのできる書店員は、まずいない。

 といって、その基準を外に求め、法規制などを望むのは、ものごとをますますおかしくする。外的な権威により規制の導入は、差し当っては強力な援軍になったとしても、必ず諸刃の剣として、自分に返ってくる。(『書店と民主主義』p.3)
 それは、単純に、判断を読者(消費者)にゆだねるということではない。自分とは違う意見の本を読むことで、自分も強くなる。ヘイト本やヘイトスピーチに反対する者は、ヘイト本を読むことで、ヘイト本を批判する力も強まるだろう。敵を論破するために敵の本を読む。まあ、敵にカネが渡るのはちょっといやだけれども。
 そして、ある言説を批判しようとすれば、相手の言っていること、書いていること、考えていることを知らなければならないのは当然である。その影響がどのような形で、どのような大きさで現れているかを知ることも必要である。対抗する思想を載せた書物を抹殺・排除することは、有効な反論をむしろ不可能にし、そうした思想を持つ人、共鳴する人が実際にいるという事実を隠しつつ温存してしまう。本を出す(パブリッシュ)ということは、公の場(パブリック)に出てくること、議論をぶつけ合う闘技場(アリーナ)に出て来てくれるということなのだ。批判する側にとって、むしろ歓迎すべきことなのである。(同p.6)
 わたしも福嶋の意見に心から賛同する。ひとりの客として、読者として、このような書店で本を買いたいと思う。もしもわたしが書店員になることがあったら(あるいは書店を経営することがあったら)、このような店にしたいと思う。

 ひとりの本好きとしては、たしかに、「こういう書店で本を買いたいと思う」のです。
 しかしながら、ここまでの勤勉さと心意気がすべての書店に求められるのであれば、ほとんどの書店は働き手がいなくなってしまうでしょう。

 いまのほとんどの書店員は安い給料+少ない人数で、配本されてきた書籍を並べてレジ打ちをするだけで目一杯、というのが現実です。

「ヘイト本」を上梓している出版社のなかには、偉い人が「自分も嫌韓・嫌中に傾倒している」場合もあるのですが、ほとんどの出版社は「それなりに売上が計算できる本」として、やや後ろめたい思いもありつつ、出しているようです。

 雑誌が売れなくなり、どんどん規模が縮小している出版業界で、「売れないけれど、良い本」を出し続けていくためには、「内容的には多少問題があっても、売れる本」で補填していくことが必要だ、と考えている人もいるのです。

 実際、「ヘイト本」は話題になったり、それなりに売れているのに対して、「反ヘイト本」のベストセラーって、あまり聞いたことがありませんし。
 いざとなったら、「表現の自由」「解釈の相違」と主張すればいい。

 「ヘイト本」の多くは、露骨な「〇ね!」というような言葉や差別的な決めつけは避け、「あの国の伝統的な文化はこれこれで、その影響を受けているからダメなんだ」というような書き方をされていて、「アウト」にならないような工夫もされているのです。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。