記事

“働かないおじさん”こと「50G」も日本型雇用システムの被害者?40代以降も生き生きと働けるためには

1/2

 高齢化社会を見据えて政府が19日に取りまとめた「全世代型社会保障制度」の中間報告に盛り込まれた、70歳まで働き続けられるような仕組みづくり。事業者に対し、定年の延長や廃止などの措置を求めていくというものだ。さらに共同通信によると、政府は国家公務員の定年も2022年度から段階的に引き上げる方針だという。

 これに対し、「企業側も困るだろ」「働かないおじさんたちを一掃してからにして欲しい」「働かない時間を延長ってことね」など、ネット上の若い世代からは、“働かないおじさん”に対する怨嗟の声が。

 しかし実際には“働かない”のではなく、“働けない”おじさんもいるようだ。テクノロジーの進化による“人余り”によって、行き場を失ってしまった世代が少なくないという。

 番組を担当する朝日健一プロデューサーは「喫煙所とデスクを行ったり来たりして、気がついたらもういなくなっているみたいな、そういうおじさんはどこにでもいると思う。自分よりもお給料をもらっているはずなのに…という人は何人か思いつく。なかなか言えないが」と苦笑しつつも、「タブレットPCが支給された時などに、若い人に“設定よろしくお願いします”と頼み、ネットサーフィンのためだけに使ったり。結局、若い人の時間も奪っている形になってしまうことがある」と話す。

 作家の乙武洋匡氏も「10年前に公立小学校で教員をやっていた頃、PCが一人ずつ支給された。つまり、上としてはデジタルで仕事をしろということだが、50代の先生方はPCが使えず、“紙で回して”と言う。結局、正式な書類はデジタルで作らなければいけないのに、先輩教師に渡すのは紙で作らなければいけないということで、めちゃくちゃ大変だった」と振り返る。

 こうした人たちを5Gならぬ“50G”という造語で表現したコンサルタントの横山信弘氏(アタックス・セールス・アソシエイツ社長)「“働かないおじさん”という言葉はストレートすぎて使いづらい。やはり業績不振によるリストラ対象ではないという点が非常に根深い」と話す。

 「“働かないおじさん”ならまだいい。現場に入って支援をしていると、“働いているふう”のおじさんの方がきつい。例えば、課長が体調を崩して入院したとしても、現場は何の問題なく回るどころか、活性化してしまうケースがある。つまり、いない方がよかったのではないかということ気付いてしまうという、非常に痛々しい状況もある。本人は朝早くに来てメールをチェックし、資料を作ったり、夜遅くまで会議漬けだったりするが、実は付加価値が出ていないということが、いなくなると分かってしまう」。

 テレビ朝日の平石直之アナウンサーは「40代半ばの私にとっても切実な問題だ。プロデューサーやデスクが同年代か年下になってくると、“あまり色々言いすぎると、使いづらいだろうな、このぐらいで止めとかないといけないな”みたいに思うこともある。そして、食らいついていたとしても、ある時を境に仕事が回ってこなくなる、ということも現実に起こりうる。

アナウンサーという仕事はちょっと特殊だが、どの番組を担当するか、どの部署に行くか、どの勤務地に行くかということを会社が有無を言わさず決めてしまう以上、サラリーマンでいる限り、キャリアプランというものは自分で組めるようで組めない。その意味では、早い段階で副業を認めるなどして、リリースしてもらわないといけないと思う。そうしないと、40代後半、50代になった時、何もすることがなく、そのことを分かりながらも会社に居ざるを得なくなってしまう」と心境を吐露した。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。