記事

ローマ教皇と国連事務総長、環境・宗教問題で共通見解表明


[バチカン市 20日 ロイター] - ローマ教皇フランシスコと国連のグテレス事務総長は20日、教皇庁の図書館で約40分にわたって私的に会談し、核の非武装化、環境保護、および宗教面における寛容を求める見解を表明した。

フランシスコ教皇は核兵器を保有するだけでも道徳に反するとの見解を繰り返して反核の立場を表明。グテレス事務総長は非武装化に向けた教皇の努力を称賛した。

事務総長はまた、「地球を救うために科学界が必要を訴えている通り」、2050年までにCO2の排出量と吸収量を均衡させる「炭素中立」を実現する取り組みを各国に求めた。

また教皇と事務総長はともに、宗教間対話の必要性について話し合い、神の名による暴力の概念を非難した。事務総長は、「われわれは、相互理解を深め、憎悪の高まりと戦うためさらに取り組んでいかなければならない」と述べた。

あわせて読みたい

「ローマ教皇」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  7. 7

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  8. 8

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  9. 9

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

  10. 10

    安倍首相 黒川氏の退職金は減額

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。