記事

「病院選びに口コミは信用できる?」等の疑問に医師回答

どうやって病院を選ぶべきか

京都大学大学院医学研究科消化器外科医の山本健人氏

 医者が書く本と言えば、「こうすれば治る!」と独自の治療法を紹介するものばかりだが、発売1か月で3万8000部を突破したこの本は違う。京都大学大学院医学研究科消化器外科医の山本健人氏が上梓した『医者が教える正しい病院のかかり方』は、病院にまつわる初歩的な疑問の数々に丁寧に答えた内容で、“気になっていたけど先生には聞きづらかった”と読者の共感を集めているという。今回は特別に山本氏が、多くの人が気になるであろう疑問5つに答えてくれた。

【写真】医者へのかかり方を伝える京都大学大学院の山本健人氏

 * * *

【Q:病院にはどんな服装で行けばいい?】

 多くの患者さんが気になっているのになかなか医師に聞く機会がない質問のようですが、実は医師の立場からすると、受診の際の服装は診察の質を左右する重要な問題です。

 この時期、年配の方は防寒のために着込んでいることがありますが、診察時に聴診器を当てるには胸や背中を、捻挫や怪我、関節痛などの場合では、患部を露出する必要がある。脱ぎ着がしにくい、聴診器を当てにくい、患部を見にくいような服装は、患者さんが100点満点の診察を受けられないことがあります。

 厚着をするなとは言いません。ただ、診察の直前には上着を脱いでおいたり、腹巻きを取っておく、ネクタイなどをしている場合はそれも外しておくとスムーズに診察を受けられます。

 突然の診察でなければ、病院に行くときは患部を露出しやすいゆったりしたTシャツやトレーナーなどの服装が理想的です。

【Q:クリニックと総合病院、どっちに行くべき?】

 突然具合が悪くなったら、総合病院にかかったほうが確実だと思うかもしれませんが、初診時にかかってしまうといくつかのデメリットが発生します。

 まずは初診料が多く取られること。入院のためのベッドが19床以下の小規模の医療機関は「クリニック」、20床以上の規模の大きな医療機関は「病院」と定義されています。「病院」は規模によって違いますが、大きな病院は初診の料金が高いこともあり、500床以上の大病院では初診時、診察料以外に数千円の追加料金がかかります。

 また予約患者さんが優先されるなど、待ち時間が長くなってしまいがち。症状によっては窓口で案内された診療科が適切でなく、その場合は複数の科をハシゴして受診することになってしまいます。

 そのような事態を避けるため、初診時はクリニックに行くのがお勧めです。交通アクセスの便利なご近所のクリニックにかかりつけ医を持つといいでしょう。

 クリニックの医師は地域の総合病院の特性もよく把握しています。かかりつけ医がいれば、何か大きな病気にかかった場合でも気づいてもらいやすく、適切な総合病院を選んでくれ、紹介状も書いてくれます。これを持っていけば大病院でも数千円の追加料金を払うことなく受診できます。

【Q:何科に行けばいいか、わからないときは?】

 様々な科がある総合病院に行こうと思うかもしれませんが、まずは近くのクリニックに行くこと。そうすれば適切な診療科を指示してくれます。前項でもお話ししたように、総合病院では複数の科をハシゴさせられてしまうこともあります。

 また、「整形外科」と「形成外科」など、微妙な違いがある科もあるため、自分で判断するのも危険です。ちなみに形成外科は主に皮膚など体の表面を担当する外科で、整形外科は筋肉や骨を担当する外科です。

【Q:病院を選ぶとき、ネットの口コミはどの程度信用していい?】

 現状ではあまり信用しないほうがいいでしょう。

 病院は病気を治して当たり前。治らなかったときに患者さんは悪感情を抱きます。長い期間のかかる治療中、一時的に症状が悪化することはよくあり、医師は想定内なのですが、そのタイミングでネガティブ情報を書かれることが多々あります。それを鵜呑みにするのは患者さんの利益にはなりません。

 医療についてのネット情報は、厚労省などの公的機関や大学病院のHPにあるものなどであれば信頼に値すると思います。基本的には「ググる前に病院へ」が正しい判断だと思います。

【Q:初診時は何を持っていけばいい?】

 必携のものは保険証とお薬手帳です。これまで受けた検査結果を記した書類もあればなおいいですね。

 お薬手帳はなければ飲んでいる薬を全て持っていきましょう。これを見ればどういった治療を受けているのかがわかり、治療法を決めたり、どんな薬を処方するか決める手がかりになります。これらをひとつのファイルに入れておくと便利です。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

医者が教える 正しい病院のかかり方 (幻冬舎新書)

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。