記事

良い情報は悪い情報を駆逐できる? 医師とメディアの玉石混交

今週金曜日とても有意義な医療情報の集まりがありました(#メディカルジャーナリズム勉強会

また土、日にもメディアドクター、このプロ、やさしいがん医療など、いろいろなところで医療者、ジャーナリスト、患者たちが議論を行いました。それこそ、米国から来日された大須賀先生、いつも前のめりに突っ込んでいく中山先生、発信する医師の先駆けであった宋先生のお話はとても興味深く、それに対するジャーナリスト側の意見はある程度共感できるものでした。

正しい情報を発信することで健康被害を無くし、患者さんが不利益にならないよう努力をされている若手の医療者、メディアの方々は本当一生懸命がんばられています。

そんな中バズフィード の岩永さんが発したこのツイートに、医師たちから結構辛辣な反応が上がりました。
>"テレビも新聞も本もネットも、医学に関する事は一切信用しないで下さい"と説明している。
>非専門家が無責任なデマを垂れ流して、不幸な患者を更に不幸に陥れ続けているのが現状。
>控え目に言っても地獄に落ちて欲しい
メディアに対する医師の不信感は確かにありますからね。でもそれは変なメディアがあるだけなんですが。

本来医療は医療者と患者の関係で住むものなのに、どうしても医療を食い物にして儲けようとする輩がいます。そして週刊誌などのメディアがとんでも医療を行っていますが、そのおおもとは出来の悪い医療者です。そのような医療者がなぜ生まれるのかについて別の会でこのようなやりとりがあったようです。
大塚先生の返答
>『大学教授とかが退官した後、ニセ医療をやってしまうのが多いのは、トップに何らかの恨みがあったり、あるいは誰も批判しないからではないか?』
そして志賀先生のツイッターでの返答
>●クリニックが看板と箔にしたい
>●労力をかけずに報酬が高価
>●メタ認知とEBM不足
>これらのコンビネーションではないでしょうか?
まああくまでも推定意見ですが、医師がお山の大将でいわゆる世間知らずというのがあるでしょう。

メディアも医師も玉石混交です。その意味で石の意見を否定していかなければならないのに、玉である宝石達が対立しながら行動するのは本当無駄と感じていますが、ただなかなかみんな既得権益はじめそう簡単には変わらないからですね。それこそ日本経済のためにとんでも医療はわざと潰さないと政府が考えているというような恐ろしい噂すらありますし。

それでも玉のメディアと医療者が協力している今の流れは患者にとってきっといいことだと感じています。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  3. 3

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    選挙終えた小野泰輔氏「熊本へ」

    小野泰輔

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。