記事

新国立競技場完成までの経緯:文科省の無責任体質

 新国立競技場が完成したが、そこに至る経緯を振り返ると、文科省、文科大臣の無責任体質が厳しく糾弾されねばならないと思う。 

 2015年当時、都知事の私は、旧競技場の解体までの不手際を見て、JSCや文科省が然るべき能力と責任意識を有しているのかどうか、はなはだ疑問に思った。まず、新国立競技場の整備費については、1692億円ではとても済まず、2500億円を超えるという。また、工期については、屋根付きでは間に合わないし、屋根をつけなくても間に合わないかもしれないという。

 新国立競技場建設の責任者に能力、責任意識、危機感がないことは驚くべきことであり、大日本帝国陸軍と同じだと思った。日本を戦争、そして敗北と破滅に導いたこの組織の特色は、壮大な無責任体制ということである。極東裁判記録を読めばよく分かるが、政策決定について誰も責任をとらないし、正確な情報、不利な情報は上にあげない。新国立競技場建設について、安倍首相には楽観的な情報しか上がっていなかった。これは、各戦線での敗北をひた隠し、「勝利」と偽って国民を騙してきた戦前の陸軍と同じであった。

 私は、2020年までに新国立競技場が完成しないのではないかという危惧すら抱き、国にできないのなら、東京都で「都立競技場」を建設し、これをメインスタジアムにするしかないとさえ考えたのであった。

 主催都市として、新国立競技場の完成は必要であり、そのための支援は惜しまないつもりであったが、その前提になる条件を、国、とりわけ文科省、JSCに満たしてもらわなければならなかった。それは、情報を広く国民に公開して、十分に現状を説明し、皆の協力を得るということでもあった。

 また、大会後の後利用の展望も定かではなかった。8万人もの観客を動員できるイベントは、そう多くはない。施設の運営は赤字続きということになってしまわないのか。「屋根つき」であれば、多様なイベントが可能になり、収益があがるという発想であった。大会後に負の遺産(レガシー)が残るならば、それは設計・建設段階での詰めが甘かったということである。

 以上のよう思いで、下村文部科学大臣と会談したが、先方の要請は、都に新国立競技場建設費の負担を求めるという内容であった。私は、総工費と詳細な建設計画を提示すべきだと応え、それがないかぎり都民に税金からの支出を要求することはできないと明言した。

 それに対して、大臣が即答し、工期が間に合わないので「屋根なし」とすること、座席数は8万人ではなく一部は仮設とすること、整備費が増大することを説明した。そのような説明は、公には初めてのことなので、私のみならず、全国民が驚き、メディアも一斉に疑問の声をあげた。

 当時、多くの国民が抱いたのは、次のような疑問である。

会談で、大臣は「屋根なし」と言ったが、(A)集中豪雨に襲われたらどうするのか。ロンドン(2012年)も北京(2008年)もアテネ(2004年)も屋根なしで開催したというが、気象条件が同じではない。(B)高温多湿な東京の夏に、天井オープンで耐えられるのか。とくに空調の設備、機能はどうなのか。一方で熱中症対策協議を開いているのに、他方で空調が効かなくなれば、観客も選手も危険ではないのか。

 この疑問に対しては、新国立競技場が完成した今も、まだきちんとした答えは出てない。最近も大学入試への英語民間試験や記述式問題の導入撤回という愚を繰り返したが、文科省はどうなっているのか。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。