記事

鳥人ブブカがIOC理事になって今していること

1/2

2020年に迫る東京五輪。暑さ対策や水質の問題が取り沙汰されるが、成功するのか。棒高跳びの世界記録を35回更新し、「鳥人」と呼ばれ、現在はIOC理事を務めるセルゲイ・ブブカ氏に聞いた。

何も心配していない、まだ時間はある

日本は、私が訪問する国の中でも大好きな国のひとつです。素晴らしい思い出がたくさんあります。日本の方々のおもてなし、友情をいつも感じています。

IOC理事 セルゲイ・ブブカ氏

また、スポーツにおいても大好きな試合先の1つでもありました。1991年の東京における世界陸上では棒高跳びで優勝しましたし、日本で多くの世界記録を樹立できました。

引退後はスポーツの運営に携わるようになり、現在は国際オリンピック委員会(IOC)の理事を務めています。2013年に東京での五輪開催が決まった際もそのプロセスにかかわっていました。

IOC理事としての経験でいうと、シドニー、北京、平昌の大会運営は見事だったと思いますが、東京五輪も大成功になるということを確信しています。日本はもともと高度に組織立っている国家ですから、その点は何も心配していません。スポーツに対する理解も深く、上質な観客も揃い、スポーツが持つ力を全世界に伝えるという意味で、これほどふさわしい舞台はないと確信しています。

開催時期が真夏になるため、暑さ対策が問題となっていますが、すべてのアスリートが同じ条件で競い、そして持てる力を十分に発揮できる環境は大切です。また、コンディションを整えるためにも、生活のリズムや、適切な睡眠の確保が必要です。そのうえで、アスリートたちは与えられた条件に合わせて調整を重ねていくのです。

「早朝に行われる競技を担当するボランティアは、終電で会場入りして、何時間も待つことになる」という意見もありますが、日本の組織委員会も当然時間のつぶし方くらいは考えるでしょう。ボランティアなくして大会は成立しません。私は誰よりも彼らに感謝しているのです。

お台場のオープンウォータースイミング(OWS)の問題も把握しています。19年8月のパラトライアスロンのワールドカップでは大腸菌のせいでスイムが中止になりましたが、環境の保護・浄化を促進することも五輪活動の重要な一部です。まだ1年の時間がありますから、これも日本の組織委員会が解決し、五輪のおかげで環境の浄化も進むでしょう。したがって、OWSについても会場の変更は必要ない、東京の名所で予定通り決行すればよいというのが私の考えです。

何度となく政治に翻弄された

ここで私が何より強調したいのは、「ボイコット」が選手に与える痛みです。

私には本来4回五輪出場の可能性がありましたが、84年のロサンゼルス五輪はボイコットで出場できませんでした。最終決定を聞かされたのは、2カ月前の5月だったと思います。率直に言って、もしロスに私が出ていれば金メダルの可能性は非常に高かったでしょう。優勝記録が5メートル75で、あの年の私のベスト記録は5メートル94でしたからね。

当時私はまだ20歳で、深く考えることもありませんでしたが、その後だんだん痛みが襲ってきました。大部分のアスリートにとって、五輪に出られるチャンスは1度しかありません。だからこそ、政治が介入してアスリートのたった1度の夢を潰すようなことがあってはならないのです。

IOC委員は常にアスリートとスポーツにとって何が一番大事か、という視点から物事を考え、政治の枠とは別次元で決断を下すことが義務付けられているのです。政治の揉め事がそのままスポーツに持ち込まれたら何事も収拾がつかなくなってしまうでしょう。

ニュースでクーデター発生を知りました

私自身、何度となく人生の中で政治に翻弄されてきました。ボイコットはもちろん、ソ連崩壊の直前である91年8月、クーデターによってゴルバチョフが監禁されたとき、私はちょうど東京で開催される世界陸上のため飛行機に乗っていました。出発前夜、モスクワへパスポートを受け取りに行ったわけですが、その夜のニュースでクーデター発生を知りました。翌朝目覚めると路上を戦車が走り回っていました。

その後私はパスポートを受け取り、出国できることになり空港へ向かいましたが、その途上で首都を目指す60~70台の戦車群を目撃しました。悪い兆候であることは明らかでした。

東京に到着したとき、私は真っ先に飛行機を降りるよう呼び出しを受けました。100人以上の記者たちが殺到してきて質問の嵐となりましたが、私は飛行機の中にいたわけですから、答えようがありませんでした。数日後にクリミアの別荘からゴルバチョフが解放されてモスクワに戻ることができ、家族の安全を確認してからやっと競技に集中できるようになったわけです。本当に過酷な試練でした。

とはいっても、ソ連には問題ばかりがあったわけではありません。モスクワ郊外にスポーツセンターがあり、よくそこに強化選手が集まり、日本を含め外国の選手も寝泊まりしていました。そこでは、お互いのワザを教え合ったり道具を分かち合ったりするのは普通でした。最強の競争相手に私のポール(棒高跳びの棒)を貸すことにも何の抵抗もありませんでした。老人や障碍者、病人などに席を譲るのも当たり前のことでした。

こういうソビエトの文化は、今の時代においても若者たちへ伝えられるべき価値が十分にあると私は考えています。

私の息子、セルゲイ・ジュニアはかつてプロテニス選手として活動していました。そして、テニス界にはロジャー・フェデラーという史上最高の選手がいまだに健在です。私は個人的にも彼を知っていますが、天性に加えて、競技に対する愛情が長続きすること、全世界に喜びをもたらすという強い動機付けがあることが彼とほかの選手を大きく分ける要因でしょう。

技術と情熱、練習態度、健康維持、これらがすべて合わさって世界王者の地位を維持できるのだと思います。そして優れたコーチの存在も重要です。そのうえで、小さな調整を重ね、対戦相手に対応できること、1つの目標を達成しても次の目標を設定し続けられること、これを可能にするにはメンタルの強さが必要です。そして、メンタルの強化は後天的な訓練で可能なのです。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  3. 3

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  6. 6

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。