記事

新国立競技場「男女共用トイレ」だけに描かれた「数字」の秘密

 12月15日、東京オリンピックの舞台となる新国立競技場の内部が公開された。すでに、さまざまな情報があふれているが、ここでは、絶対に誰もが利用するであろう、トイレについて見ることにする。

 トイレはもちろん各階に設置されているが、今回は1階のトイレのみが撮影用に公開された。男性用トイレ、女性用トイレ、車いす用トイレ、男女共用トイレと4種類を見ることができた。

 まずは男性用トイレから。入口には「IN」「OUT」と書かれた2レーンがあり、ルートが決められていることがわかる。むやみな混雑を避け、回転率を上げるための工夫だろう。

 そのまま入っていくと、殺風景だが意外にオシャレな空間が広がっていた。壁際には9台の小便器が取り付けられており、中央に、2台の手洗い場が設置されている。鏡付きの手洗い場は、隅っこに2台あるだけ。あまり見ないデザインだ。

 広報担当者は、「同じトイレでも、女性用と男性用とでデザイン設計は大きく変えています。男性は、トイレで鏡をチェックしない方も多い。そのため、鏡なしの手洗い場も置くことにしました。時短になるので、回転率が上がります。

 逆に、女性は鏡で身だしなみを確認したい方が多いでしょうから、女性用トイレの手洗い場にはすべて鏡を付けておきました」と語っていた。

 言われるがまま、横にある女性トイレにも入ってみる。確かに、女性用トイレには7台の手洗い場が設置されており、すべて鏡付きだ。さらに女性用は、トイレの台数が13台と、男性用より多め。

「女性用のトイレには、詰め込めるだけの台数を詰め込みました(笑)。実は、この1階のトイレ横にある階段を下りると、さらに大きい女性用トイレがあります。1階が混雑していた場合、足腰がしっかりされている方は、すぐに下へ移動して用を足せる設計です」(広報)

 男女共用トイレは、その名のとおり、男女誰でも利用可能。LGBTの人たちにも使いやすい。障害を持った人が、付添人と一緒に利用することもできる。

 そんなトイレで、不思議なものを発見した。これは一体なんだろう、壁に書かれた「12345」の数字と棒線。

 広報担当者に聞いてみた。

「それは、発達障害を持ったお子さんと親御さんのための仕掛けなんです。親御さんが用を足すとき、お子さんも一緒に連れてきますよね。

 その間、壁の数字を数えてもらい、お子さんを集中させるんです。むやみに動き回ったり、逃げてしまうことを防げます。専門家の方々の意見を取り入れて作りました」

 競技場全体では、男子小・大便器は1027基、女子大便器は933基、アクセシブルトイレ(主にLGBT、車いす、障害者用)が93カ所に設置されているという。多方面への配慮を試みたトイレ設計といえそうだ。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  7. 7

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  9. 9

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    ローラ 3億円総取りの強気退所か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。