記事

常識の海に沈められるエセ保守

ある特殊な共同体が生まれた場合、例えばそこでは男尊女卑が当たり前になり、女性もその非常識を常識だと勘違いしてしまう。

これはオウム真理教でも、「Hanada」のようなエセ保守言論世間でも、起こり得る現象である。
彼ら彼女らは、その特殊な共同体でのみ流通する非常識を、客観的には把握できなくなるのだ。

今回の民事裁判で、伊藤詩織氏の勝訴という結果が出たら、普通のメディアでは一斉に、伊藤氏への評価と、山口敬之への疑惑と嫌悪感で語られている。

これこそは庶民感覚であり、もともと、この事件の真相を人々は悟っていたからに過ぎない。
誰もが伊藤詩織氏が被害者だと思っていたのだ。
それが国民の常識的なバランス感覚なのである。
たとえ控訴審で反対の結論が出たとしても、国民は内心で納得することはない。

「Hanada」やネトウヨどもが行ってきた伊藤詩織氏に対するセカンドレイプは、完全な非常識だった。
花田紀凱は感性が劣化して、オウム真理教を評価していた宗教学者と同レベルになっている。

今回の伊藤氏の勝訴以降のメディアは、国民の常識の回復であり、山口敬之や小川榮太郎や杉田水脈らは、常識の海に沈められた。当然の報いである。
オウム真理教の末路と同じなのだ。

それが分かるかどうかが「保守」の条件である。
「Hanada」に巣食う男尊女卑の連中は、全然、「保守」ではない!

あわせて読みたい

「Hanada」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。