記事

常識の海に沈められるエセ保守

ある特殊な共同体が生まれた場合、例えばそこでは男尊女卑が当たり前になり、女性もその非常識を常識だと勘違いしてしまう。

これはオウム真理教でも、「Hanada」のようなエセ保守言論世間でも、起こり得る現象である。
彼ら彼女らは、その特殊な共同体でのみ流通する非常識を、客観的には把握できなくなるのだ。

今回の民事裁判で、伊藤詩織氏の勝訴という結果が出たら、普通のメディアでは一斉に、伊藤氏への評価と、山口敬之への疑惑と嫌悪感で語られている。

これこそは庶民感覚であり、もともと、この事件の真相を人々は悟っていたからに過ぎない。
誰もが伊藤詩織氏が被害者だと思っていたのだ。
それが国民の常識的なバランス感覚なのである。
たとえ控訴審で反対の結論が出たとしても、国民は内心で納得することはない。

「Hanada」やネトウヨどもが行ってきた伊藤詩織氏に対するセカンドレイプは、完全な非常識だった。
花田紀凱は感性が劣化して、オウム真理教を評価していた宗教学者と同レベルになっている。

今回の伊藤氏の勝訴以降のメディアは、国民の常識の回復であり、山口敬之や小川榮太郎や杉田水脈らは、常識の海に沈められた。当然の報いである。
オウム真理教の末路と同じなのだ。

それが分かるかどうかが「保守」の条件である。
「Hanada」に巣食う男尊女卑の連中は、全然、「保守」ではない!

あわせて読みたい

「Hanada」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  2. 2

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  3. 3

    元々の数字が固定ではないから政治家の意図が働く 知事の責任は?

    中村ゆきつぐ

    03月01日 07:44

  4. 4

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

  5. 5

    電気を盗むことは英雄?インドのドキュメンタリー「街角の盗電師」

    たかまつなな

    03月01日 10:26

  6. 6

    菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

    郷原信郎

    03月01日 12:08

  7. 7

    <コロナ時評・医療のシステム難民を救え>保健所半減のツケがもたらすもの

    メディアゴン

    03月01日 08:29

  8. 8

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  9. 9

    10万円給付金問題 ついに政府が現金支給を検討へ 3月中に支給対象世帯を議論する予定

    藤田孝典

    03月01日 16:43

  10. 10

    【読書感想】だからヤクザを辞められない―裏社会メルトダウン―

    fujipon

    03月01日 10:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。