記事

笠井信輔アナ、抗ガン剤で髪が抜けても「新たな自分との出会い」と笑顔


 フジテレビを退社し、10月からフリーとなった笠井信輔アナウンサーが、12月20日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、自身が患った血液のガンである悪性リンパ腫について語った。

 笠井アナは56歳でフリーになり、仕事に恵まれたが、「働き過ぎかな」と思って病院に行ったところ、病気を宣告されたという。進行度を「中程度の速度のアグレッシブなタイプ」と説明した。

 病気になったことで家族にも変化が生まれた。妻は優しくなり、「ショックを表に出さずに頑張っていきましょう」と応援してくれた。さらに3人の息子たちも家事を手伝うようになった。

 妻はテレビ東京の元アナウンサー・茅原ますみさんで、「私の人生の羅針盤のような人」と明かす。局員時代から、どんな番組に出るかをアドバイスしてくれたという。

 終始穏やかな口調で話す笠井アナだが、痛みにより「家では力尽きてしまうこともある」と本音を吐露。抗ガン剤で「髪の毛もみんな抜けちゃうらしいけど、そこは新たな自分との出会い」と宣言し、「元気になって帰ってきます。がんばります!」と笑顔で決意を語っていた。

 笠井アナは、12月19日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)で、正式な病名が「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」だとし、医師から「一般的には生存率6割ぐらい。笠井さんは若いので7割ぐらい」と告げられたと明かした。

 復帰については「東京五輪をひとつの目標にしている」という。「健康体の象徴みたいなイベント。今までそんなに意識してなかったんだけど、病気になってからはものすごく(五輪を)意識するようになって。そのときまでには帰ってきて、仕事として何らかの関わりを持ちたい」と語っていた。

 フリーになった途端に病が発覚した笠井アナ。しばらくは治療に専念して、無事に復帰した姿を見せてもらいたい。

あわせて読みたい

「笠井信輔」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。