記事

なぜ韓国は3年半ぶりの政策対話に応じたのか

1/2

日韓のいまの最悪の関係を生んだ「きっかけ」

12月16日、日本の対韓輸出の管理厳格化について話し合う日韓両政府の局長級の政策対話が東京都内で開かれた。

局長級の政策対話は2016年6月以来3年半ぶりである。日本は韓国の対応状況を確認し、韓国は管理体制の改善策を説明した。日本と韓国は今後も、会議を続けることで合意し、次回はソウルで開催する。


写真=時事通信フォト
輸出管理をめぐる政策対話を前に握手する経済産業省の飯田陽一貿易管理部長(右)と韓国の産業通商資源省の李浩鉉貿易政策官=2019年12月16日、経済産業省[代表撮影]


ここで沙鴎一歩は言いたい。日韓関係を改善するには局長級の政策対話だけでは無理がある。日韓のいまの最悪の関係を生むきっかけとなった徴用工の問題を解決しない限り、日韓関係は元には戻らない。

もっと言えば、日本が韓国人の中に存在する日本を敵視する感情、いわゆる「反日種族主義」を十分理解し、日韓の交流を深めていく必要がある。これこそが今後の日韓関係を改善する最大の鍵である。

韓国メディアは「経済戦争」と大きく報じていた

これまでの経緯を簡単に振り返っておこう。

日本は7月4日から半導体の製造に欠かせない化学製品3品目の輸出を大幅に制限した。包括的許可から個別許可に変える規制であり、半導体材料の実質上の輸入禁止措置だった。

半導体の製造は、韓国にとって主力産業で主力輸出品だ。その半導体材料の輸入に規制が掛けられ、韓国の経済的打撃は大きかった。

さらに8月は、輸出手続きの簡略化を中止した。韓国を安全保障上問題ない国(ホワイト国)のリストから外し、前述の3品目以外でも軍事利用できる製品と技術の輸出に厳しく許可を求め、輸出上の優遇措置を取らないように変えた。これも韓国にとって痛手だった。韓国メディアは「経済戦争だ」と大きく報じ出した。

対韓輸出管理の厳格化は、日本の堪忍袋の緒が切れた結果

日本の対韓輸出の管理厳格化は、昨年10月の韓国人元徴用工の損害賠償判決問題に対する対抗措置だった。日本の堪忍袋の緒が切れたといえる。

韓国政権は徴用工の問題のほかにも、自国に有利なように慰安婦問題を世界各国に広め、各地に慰安婦像まで作ってきた。日本固有の領土である竹島を不法に占拠して自国の領土と主張してもいる。自衛隊機への火器管制レーダー照射事件も引き起こしている。

韓国の国民は常に日本に敵意を示す。韓国政権はその国民感情を利用して政権の維持を図ろうとする。その根底にあるのが反日種族主義なのだ。

韓国の李首相が安倍首相に手渡した「親書」が始まり

思い起こせば、10月24日、天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」への参列で来日した韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が安倍晋三首相と会談した際、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を手渡した。

親書には「近く2人で会って、未来志向の両国関係に向けて議論したい」と早期の日韓首脳会談を求める意向が示されていた。

これまで「反日キャンペーン」を推し進めてきた文氏が、対日関係の改善を模索し始めた兆しと言えるニュースだった。

そして11月22日、韓国大統領府は文大統領も出席して国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、8月に日本に破棄を通行した「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)」について、破棄の回避を決め、日本政府に連絡してきた。GSOMIAの失効期限(23日午前0時)の6時間前だった。

GSOMIAは北朝鮮のミサイル情報などを日韓で共有する協定である。このGSOMIAを継続する代わりに韓国は対韓輸出管理の厳格化を解消するための日韓協議の再開を求めてきた。案の定という結末だった。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  6. 6

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  7. 7

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    横浜発の世界一周クルーズ出港へ

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

  10. 10

    検察官定年延長は「違法」決定か

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。