記事

『ナウシカ』との一致から見える、『アナ雪2』がごまかしたもの - 河野 真太郎

1/2

『アナと雪の女王』の社会現象的なヒットから早6年。続編の『アナと雪の女王2』が公開された。

 「全てを解き放て!(Let it go!)」という力強い、フェミニズム的でもあった呼びかけが私たちの心をつかんだ前作の続編は、何を見せてくれるのか、期待に胸をはずませて劇場に足を運んだ。

 しかし、私は何か釈然としない気持ちをかかえたまま劇場を後にしたことを告白せねばならない。エンターテインメントとしてつまらないということではない。『アナ雪2』は、『アナ雪』が積み残した問題から目をそらし、別の解決を提示していないか。悪く言えば真の問題をごまかしたのではないか、と感じられたのだ。

 どういうことか。結論からのべておこう。『アナ雪2』は、確かにもうひとつの「フェミニズム的物語」となっている。それは広い意味でのエコロジカル・フェミニズム(エコフェミニズム)の物語である。

 だが、それは白人中産階級的なフェミニズムの「疚(やま)しさ」を、エコロジーを利用することで解消するものにしかなっていない。前作の『アナ雪』が積み残した問題、つまり女性の「労働」の問題は、再び不問のままなのである。

 どういうことか、解きほぐしていこう。

 以下の議論では、物語の核心に触れるのでご注意いただきたい。映画を純粋に楽しみたい方は、先に映画館に足を運ぶことをお勧めする。

『アナ雪2』が探求する2つの「原罪」

『アナ雪2』は、前作の『アナ雪』の舞台設定の根源を探究する物語である。ひとつにはエルサの魔法の力の源。そしてアレンデール王国という国の過去に横たわる一種の「原罪」の探究だ。

『アナ雪2』ではエルサの魔法の力の源が大きなテーマだ ©Getty Images

 アレンデール王国の秩序には2つの「原罪」がある。2つのものを抑圧し、忘却することで王国は今の姿を保っているのだ。ひとつは「先住民族」。もうひとつは「エコロジー」である。

 エルサとアナの祖父は、王国の上流の森で聖霊の力を借りて暮らす先住民族「ノーサルドラ」と友好関係を結ぶために、森を流れる川にダムを建設して贈る。しかし、ダムの贈呈式の最中に争いが起きてしまい、森の聖霊の怒りを買う。聖霊の呪いで森は不思議な霧におおわれ、出ることも入ることもできなくなってしまう。そして、聖霊の力はアレンデール王国にさまざまな「自然災害」をもたらし始める。

 細部は省くが、物語の解決は、アナによるダムの破壊である。エルサを失ったと思いこんだアナは、下流のアレンデール王国が濁流に呑まれてしまうことを分かっていながら、ダムを破壊する。それによって聖霊の呪いは解ける。

 私はこの一連の流れを見ながら、強い既視感を覚えていた。同じパターンの物語を、私たちはかなり前に目にしている。

『風の谷のナウシカ』と一致する点が多数

 それは、『風の谷のナウシカ』である。それも、映画版ではなく、連載が1994年に完結した漫画版だ。

『風の谷のナウシカ』の映画版では、「腐海」と呼ばれる毒の森のほとりの小王国の王女ナウシカが、その森の真実、つまり、腐海とは核戦争を彷彿とさせるかつての災厄によって汚染された大地を浄化する生態系であることを発見する。

 しかし、漫画版では、その「真実」がさらなる真実によってくつがえされる。「腐海」は、1000年前の災厄にあたって、科学者たちが人工的に作り出した浄化装置だったのである。それだけではない。ナウシカたち人間も、汚染された大気に耐性を持つように操作された「人造人間」だったのだ。大地が浄化された際には、ナウシカたちは、胎児の状態で保存された旧人類と取り替えられる計画だったのである。

 この真実を知ったナウシカは、旧人類の技術と胎児が保存された「墓所」という施設を破壊する。自分たち人造人間も「生命」なのであり、旧人類の計画に従うことなく生きていくのだと宣言しながら。

どちらも「偽りの秩序」を壊す結末

 いずれの作品においても、自然だと思われていたもの(『ナウシカ』の場合は腐海と人類、『アナ雪2』の場合は王国の秩序)は人工的なものだったと判明する。そして二人ともそのような人工物、現在の(偽りの)秩序の基礎となっている人間の技術の産物を否定する。それが大きな災厄(ナウシカの場合は人類の滅亡、アナの場合は王国の破壊)をもたらすかもしれないと分かっていながら。

 2人にとっては、そのような犠牲よりも、偽りの秩序を取りのぞいた自然状態を取り戻すことの方が重要なのである。それが2人のエコロジー思想だ。

 大きな違いがあるとすれば、『アナ雪2』にはエルサがいることだ。アレンデール王国と自然、王国と先住民族との間に存在する解決不可能な対立を、アナはダムを破壊し、王国を破壊することで解決、というより徹底しようとする。だが、王国と先住民族のハイブリッドであると明らかになるエルサが、最終的にその対立をモラルの上でも、(洪水を魔法の力でせきとめることによって)物理的にも解消してみせる。

あわせて読みたい

「アナと雪の女王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  5. 5

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。