記事

霞ヶ関の歪みと天下り

現職の総務事務次官が停職3ヶ月の処分を受け、今日辞職。事実上の更迭。

その理由は、この事務次官が、日本郵政に対する行政処分の検討状況を漏洩したこと。そして漏洩した相手先は、総務省から日本郵政に天下りした鈴木上級副社長。典型的な天下りの弊害と言えます。

この鈴木副社長も、元総務事務次官で、その権威をカサに来て、NHKに対して威圧的なクレームをつけたことで国会でも問題となった人物。

総務省というのは、所管する日本郵政やNHKを自らの「天領」とでも考えているのではないかと感じるほどの癒着ぶりです。この行政の歪みははなはだしい。

その根本にはやはり天下りがあります。民主党政権で徹底的に排したあと、安倍政権でまたぞろ復活した天下り。この状況を招来した政権の責任は重いと言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「天下り」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。