記事

霞ヶ関の歪みと天下り

現職の総務事務次官が停職3ヶ月の処分を受け、今日辞職。事実上の更迭。

その理由は、この事務次官が、日本郵政に対する行政処分の検討状況を漏洩したこと。そして漏洩した相手先は、総務省から日本郵政に天下りした鈴木上級副社長。典型的な天下りの弊害と言えます。

この鈴木副社長も、元総務事務次官で、その権威をカサに来て、NHKに対して威圧的なクレームをつけたことで国会でも問題となった人物。

総務省というのは、所管する日本郵政やNHKを自らの「天領」とでも考えているのではないかと感じるほどの癒着ぶりです。この行政の歪みははなはだしい。

その根本にはやはり天下りがあります。民主党政権で徹底的に排したあと、安倍政権でまたぞろ復活した天下り。この状況を招来した政権の責任は重いと言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「天下り」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  4. 4

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。