記事

なぜ年末特番にさんま起用増、今求められる昭和な忘年会ノリ

令和初の年末も大人気の明石家さんま

 お笑い芸人としてテレビ界に君臨し続ける明石家さんまは、令和になっても勢いは衰えないようだ。この年末、特番に引っ張りだこなのだ。その背景について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 12月も後半に入り、年の瀬のムードが色濃くなる中、とびきり強烈な存在感を放っているのは、明石家さんまさん。

 18日に『超ホンマでっか!?TV 今年の怒り大放出!激おこ人生相談SP』(フジテレビ系)、21日に『第7回明石家紅白!』(NHK)と『さんま&手越の今夜サッカークラブ世界一決定SP』(日本テレビ系)、22日に『さんま&手越のサッカークラブ世界一決定!総集編』(日本テレビ系)、24日に『超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大さわぎ!超豪華有名人の聖夜祭』(日本テレビ系)と『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2019』(フジテレビ系)、25日に『1億人の大質問⁉笑ってコラえて!年末SP』(日本テレビ系)、29日に『明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ2019』(TBS系)、『アメトーーーーーーーーーーク!年末5時間SP』(テレビ朝日系)と、12日間で9本もの特番に出演します。

 さんまさんと言えば、現在も放送中の『明石家サンタ』に加えて、かつて『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)が21年間に渡って放送されたように、“クリスマスの顔”というイメージがありましたが、近年はその前後の出演特番が増えて“年の瀬の顔”に変わりつつあります。

 あらためて驚かされるのは、昨年の8特番から9特番に増え、しかも各局をほぼ総ナメしていること。なぜここまで年の瀬の特番がさんまさんに集中するのでしょうか? 単に「大御所芸人だから」ではない理由をあげていきます。

◆年の瀬特番はテレビ番組の忘年会

 1つ目の理由は、さんまさん自身に「年の瀬のお祭りさわぎ」というイメージがあり、多くの出演者と絡めるスキルがあるから。

 年の瀬の特番は、「一年を笑って締めくくろう」「たくさんの出演者を呼んで盛り上がろう」という忘年会のようなニュアンスがあり、その意味で、さんまさんはうってつけの存在。長時間特番ほど、「1つでも多くの笑いを入れよう」「1人でも多くの出演者と絡もう」というプロ意識の高さが求められるだけに、テレビマンたちが「さんまさんにまかせたい」と思うのも当然なのです。

 また、現在の世帯視聴率を大きく左右する中高年層は、年の瀬というだけでテンションが上がりやすく、昭和的な忘年会のムードが好きな世代。年々、今年を振り返るまじめなニュース系特番が増えているだけに、お祭りさわぎのムードを醸し出せるさんまさんの存在感が際立つ結果につながっています。

 これは裏を返せば、「さんまさん以外にお祭りムードを醸し出せるタレントが少ない」とも言えるでしょう。若年層では「忘年会スルー」という言葉が流行っているようですが、テレビに限ってはむしろ昭和的な忘年会のノリが求められているのです。

 さんまさんにクリスマスや年の瀬のイメージはあっても、年始のイメージはさほどありません。年始の華やかなムードより、年の瀬のバカさわぎを優先させている様子が伝わってきますし、これはさんまさんに限らず“昭和の大物タレントのなごり”のようでもあります。

◆実は一歩引いたポジションも得意

 もう1つの理由は、さんまさんが世間の印象以上にユーティリティなタレントだから。

 さんまさんと言えば、「しゃべりっぱなし」「人の話を聞かない」「自分大好き」「オレがオレが」という印象を抱かれがちですが、実際は「そういう一面もある」というだけで、一歩引いて他の出演者を生かすことにも長けています。

 だからMCとしての出演だけでなく、所ジョージさんの『笑ってコラえて!』や、雨上がり決死隊・蛍原徹さんの『アメトーーク!』にもゲストとして出演できますし、『ご長寿グランプリ』でも高齢者を前面に押し出して一歩引いたポジションを取っています。

 長年トップを張り続けてきても飽きられていないわけですから、12日間で9本の特番に出演する今年の年の瀬も、難なく結果を出してしまうでしょう。さらに、特番だけでなく『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)のレギュラー放送をいつも通りサラッとこなしてしまうのも、さんまさんらしいところ。「過密スケジュールの中で、特番と通常放送のテンションを上げ下げできる」という意味でも、作り手にとってこれ以上ないほど頼もしい存在なのです。

 令和時代になってもしばらくの間は、「明石家さんまの特番を見て大みそかを迎える」という形が続くのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「明石家さんま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。