記事

「パパ活」を楽しむ男女が明かす本音と現実 罪悪感は?恋愛感情を抱くことは?

1/2

 韓国の高級ホテルにいる若い女性。ここにいるワケは“パパに呼ばれたから”。韓国人男性と「パパ活」をするため、日本から飛んできたのだ。今や海外にまで進出したパパ活女子たち。この時期は時に“稼ぎ時”なのだという。

 「え、なんかヤバいイメージ」(15歳・中学生)、「気持ち悪いって思っちゃう」(18歳・学生)、「そこまでしてお金欲しいと思わない」(学生・19歳)、「学校内で一部いる。“お金ないからパパ活するわ~”みたいな」(高校生・17歳)、「(友達が)アプリとかで探したり。中3の時に“1カ月で3桁稼いだ”って言ってた」(17歳・高校生)など、ネガティブな意見が多いようだ。


 フリーアナウンサーの柴田阿弥も「こういうことに時間を使ってお小遣いをもらうより、自分で稼いで欲しいものを買いたい」としつつも、「パパ活をやっている人は意外に多い。インスタを見ていると、この子そんなに仕事ないだろうけど…と思うのに、ブランドものの写真をアップしてたりする。聞いてみると、だいたい“パパ活やってる”と。需要と供給が一致しているんだなあと思うし、援助交際などのリスクを考えてやってるんだったら、いいと思う。お金はお金」と話す。

 AbemaTV『AbemaPrime』では、パパ活の最前線にいる当事者たちに話を聞いた。

■「人間として好き」「家で泣くことも」


 港区サラリーマンのマサシさん(30代)のパパ活歴は約半年で、“定期”は2人だという。始めたきっかけは、離婚後の寂しさから。レンタル彼女を利用するも、事務的でつまらないと感じ、パパ活を始めた。

「Twitterで気軽に始める女の子がいる。私もTwitterで始めた。確かにお金が介在してはいるが、一定の時間を頂くわけなので、私としても対価としてお渡しするのは当たり前かなと考えている。自分の知らない世界を教えてくれるので、有意義なお金の使い方だとも思う」。

 パパ活を通して、違う世代と話すことの楽しさを覚えたというマサシさん。

今は結婚願望もない。「私の場合、あくまでも友達以上恋人未満の関係だと完全に割り切っている。パパさん側が恋をしてしまうと、何かしらしがらみが生まれてしまうので、そこは一緒にいる時間、食事を楽しむよう、意識して会うようにしている。体の関係は恋人を別に作ればいい」。


 この日は横浜中華街で大学生のアキさん(20代)とデートを楽しむ。「金銭面の援助だけじゃなくて、精神的な部分も助けられている。進路相談も友達になんとなくは話すが、そういう話は社会に出ている方のほうが詳しいので」とアキさん。学費のために始めたパパ活だが、今はマサシさんと一緒に過ごす時間に喜びも感じているという。

 それでもなお、マサシさんは「好きな気持ちはもちろんあるが、恋人に対する気持ちとはまた別で、人間として好きということ。

“定期さん”(定期的に会うパパ活女子)として好き。肉体を求めるって感情にはならないし、キスもしない。手をつなぐ、腕を組むくらいは自然な流れであるが、それ以上はない」ときっぱり。1万円入りのポチ袋をアキさんに渡し、別れた。


 また、既婚者でパパ活をする男女もいる。コンサル会社を経営するタカさん(30代)は、「ん~まあ特に罪悪感はない。食事をしているだけだし、仕事で会食をしているようなイメージ。事業をやっていて失敗もいっぱいしているが、先輩方に助けていただいて今があるので、いただいた恩を下(の世代)に返していくというか。バレたとしても、今度はバレない方法を探すだろう。浮気という概念でいえば既に3回くらいバレてるんで、その度にどんどん締め付けは厳しくなっているが、その中で必死に考えて遊ぶ」。

 お相手で、合わせて7人のパパを抱えるフリーライターのミレイさん(20代)も「罪悪感はない。お金をいただかないでタカさんと私が好き合って、付き合ってるなら奥さんに悪いが、お互いに割り切る部分も作ろうと思ってやってることなので」と明言した。


 目標を叶えるための資金1000万円を貯めることを目標にパパ活を続けるキョウさんは、バイト先で客に誘われたことをきっかけに、6年間で10人ほどとパパ活をしてきた。

「楽ではないし、努力している。調子にならないよう、感謝の気持ちを持つとか、普通の感覚を忘れないようにしている。そして、ボディタッチをすると、もっともっととなるので、絶対触らない」。

 6年の間には、彼氏がいたこともあった。「彼氏は、“ええやん”みたいな」。実は定期的に会う4人の中に好きな人がいるという。

「未婚でバツイチの人。他にパパがいることも言っている。ただ、後から虚しくなって家で泣くこともある。止めたいなと思うが、目標があるので。その目標もパパと決めたことなので、やり切ろうというか叶えようと」と胸の内を語った。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。