記事

case2: 悪性脳腫瘍と診断された40歳男性 2

久しぶりの更新となります。

前回記事を忘れてしまった人の方が圧倒的に多いと思いますが、

続きを書いていきたいと思います。

仕事の内容がおかしいということで上司に病院受診を勧められた40代の男性患者の話です。

Bさんはもともと勤勉な方で、真面目な仕事ぶりが会社でも評価されていました。

しかし、あるころを境に、取引先との打ち合わせを忘れてしまう。

期限内にまとめなければいけない資料を忘れてしまう、など、その働きぶりが極端に悪化しました。

不思議に思った上司が病院受診を勧めます。

初診外来来院時、

Bさんは一見普通に見えました。しかし、奥さんの話では物忘れが増えたり、集中力が極度に低く、

ぼーっとしていることが家でも多くなっていたようです。

記憶力検査の長谷川式をとってみると、30点満点中、24点。

認知症と診断されるレベルに低いわけではないのですが、正常とはとても言えない数字でした。

早速、頭部MRI検査をオーダーします。

その結果、Bさんの左前頭葉には、誰がみてもはっきりとわかるほどの4-5センチ大の腫瘍性病変が見つかりました。

一目見るだけで腫瘍の顔つきが悪いことがわかります。

いわゆる、悪性腫瘍。脳そのものに浸潤していくタイプの腫瘍の疑いが極めて高いと考えられました。

次に造影MRI検査を行います。

造影剤を使用することで、それが本当に腫瘍かどうか、そして腫瘍としての悪性度が高いかどうか、がある程度判断できるからです。

その結果、腫瘍ははっきりと造影されました。

造影された腫瘍の形状はきれいな球形や楕円形ではなく、辺縁はぎざぎざと不整形でした。

これらの所見から、

脳外科医が瞬時に思い浮かべるのは、最悪の悪性脳腫瘍、膠芽腫です。


続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp


誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp


サクッと読める!「脳」の話/名月論
¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓

紙の書籍に関しては、絶版となったため、下記Amazonや楽天では中古しか販売しております。

新刊を希望の方は私の方から直販しますので、ここ、Amebaのメールか、

nsdr.rookie@gmail.com までご希望の方はご連絡ください。


誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論

¥1,365
Amazon.co.jp


誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  4. 4

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  5. 5

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  6. 6

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  7. 7

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  8. 8

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。