記事

小池さんにとって追い風になる東京オリンピック・マラソンコースの決定

来年の東京都知事選挙の話題が殆ど出ないような状況になっている。

ようやく来年の東京オリンピックのマラソンコースが確定したようだが、今はこれに異議を述べるような人はいないようだ。

結果的に小池さんは強運の人のようだ。

如何にも上から目線でのIOCの決定を利用して、来年の東京オリンピックで最大の課題になりそうだった酷暑危機を上手に回避することに成功した。

来年は、年初からオリンピックモードになる。
聖火リレーが全国で行われるから、オリンピックの開催まで国民の気分は盛り上がる一方である。
読売の報道によると、今回の聖火リレーには様々な工夫が施されており、聖火リレー自体が大変なイベントになりそうである。

通常国会が始まれば、件の桜問題等が再登場するだろうが、オリンピックの賑わいで影が薄くなることは必至である。

野党の皆さんの出番も殆どない。

自民党東京都連の中ではそれなりに都知事選挙の候補者擁立の話が燻るだろうが、まず燃えることはない。

聖火リレーが始まったら、小池さんがテレビに出ない日はなくなるだろう。

ヨーロッパでの今年の酷暑被蓋は死者が出るほどに酷かったという。
来年の東京オリンピックがどの程度の酷暑の中で行われることになるかは、まったく予見不可能だが、酷暑被蓋が予想されるマラソンや競歩が札幌で行われることになれば、まず深刻な事態にはならないで済むはずだ。

結果的によかったですね。

そう、小池さんに申し上げたいところである。

そう言えば、二階さんだけでなく、安倍総理も小池さんの都知事再選には特に異議はないそうですね。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  9. 9

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。